家族5人でフィリピン親子留学をした石原ご家族体験談 | フィリピン英語留学・ドゥマゲッティ語学留学SPEA

【家族5人で親子留学】石原ご家族の短期親子留学体験

 3週間のフィリピン短期親子留学

【3週間3人のお子さんを連れて家族で留学をされた石原さんファミリー】
フィリピンでの留学体験を通してどんな風に家族が変わり、考え方が変わっていったのか。子育てに関しても大きく考え方が変わり肩の力が抜けて、自分自身の生き方「親としての子供に見せる背中」までにも影響をするような大きな経験だった。子育てをしながら、自分自身のキャリア(親としても一人の人間としても)や生き方を考えている人は必見のインタビューとなっています。

留学を決めるまで、どんなことを考えたのでしょうか?

目次

「夫婦同時に育休をとってる状態で、この人生において二度とないチャンスを有効に使える経験は何かと考えたら、家族丸ごとの留学だった。行き先も当初はセブの快適な留学をエージェントに勧められたものの、別に留学に利便性を求めている訳でないと判断し、体験学習のあるSPEAにたどり着いた

 

乗り継ぎが必要なドゥマゲテという場所ですが、
お子様を連れての乗り換えは不安ではなかったですか?

「マニラ空港は危ないと聞いていたので確かに不安はあった。しかし、それでも行ってみたいという気持ちの方が強かった。実際行ってみると特に危険なことはなかった」

 

乗り換えの時に、一番気になったこと、
注意をしたこと、また時間はどのようにして潰しましたか?

「子連れなので、子供がどこかに勝手に行ってしまわないように気を付けた。ターミナル移動にかなり時間がかかるので、時間に注意し、移動の際は荷物の置き引きにも注意した。時間はジョリピーで食べたりして子供と遊んでればあっという間に過ぎた」

 

お子様を連れての親子留学、留学を決めるまでの間、
どんなことを調べて、何を重視しましたか?

「1歳児を連れて行くので、調べたのは病気や薬、現地の食べ物。B型肝炎の予防接種を受けた。重視したのは現地の治安。セブもIT Parkは治安が良いと聞いていたが、それよりも自然豊かで治安の良いドゥマゲテに魅力を感じた

 

実際に留学をしてみていかがでしたか?

人生観、価値観が変わった。ここに住みたい、この場所で子供を育てたいと強く思った。実際に我が子たちは、日本では見たこともないような笑顔で毎日飛び回って遊び、英語の勉強は驚異的なスピードで吸収し、毎日クタクタになってベッドに入った途端に寝てしまうほど楽しんでいた。日本のような娯楽はないが、ドゥマゲテには日本が失くした娯楽が周囲にたくさんある。自然の教材が山のようにある。これは実際に体験してみないと分からないと思う。とにかく子供にとって無限の可能性を広げる経験だった

 

今回の留学の目的を教えてください。

「子供たちに早くから異国文化に触れる機会を与えたかった。出来れば英語にも慣れてもらって、話すことに抵抗を覚えないくらいになればいいなぁと。結果、両方とも大成功だった」

 

留学前はどのくらいの英語力でしたか?
また日本国内ではどのような学習をしていましたか?

「大学出てから日常で英語を使う機会もなく、育休中に自分で英語を自習していたくらいで、特に留学に向けての対策はしなかった。学習方法も読み書きとリスニング程度で、話す練習はしていない。妻も似たような状態。子供たちは全くの英語初体験」

 

留学をする中で、生活面は心配はなかったですか?

「8歳5歳1歳の3人の子供を連れてったので、全くない訳ではない。しかし、家族力を合わせれば何とかなるし、良い経験にもなる。もし、夫婦のどちらかが育児や家事(厳密には留学中に家事はないが)に普段から非協力だと厳しいかもしれない。または協力させるチャンスに変えてしまうのもありかも」

 

お子様は滞在中どんな雰囲気でしたか?

「先述のように、日本にいる時には見たことのないような笑顔を毎日見せてくれた。漫画もゲームもアニメもない環境で、これだけ毎日楽しそうにするとは想像もしていなかった。今の日本、特に都心の生活では絶対に得られない経験をたくさん吸収してくれる。フィリピンの人はとにかく子供に優しいし、学校教育の面が一定のレベルにあれば、子供を育てるには最高の環境だと思う。本当に楽しそうだったし、今でも子供たちはフィリピンに帰りたいと言っている

 

食事はいかがでしたか?

「意外と日本人の口に合うと思う。ちょっと味付けは濃いが、香草を多用するでもないので、パクチー苦手だからタイ料理食べられない、みたいなのはフィリピン料理にはない。SPEAの食事は日本人用にしてあるのか、カツカレーや納豆、イカと大根の煮物なども出てきて、味も日本で食べるそれと遜色ないので非常に驚いた」

 

街の雰囲気はいかがでしたか?

「自然豊かで、人々は明るくて優しい。昔の日本もこんな感じだったのにな、という懐かしさがある。一方でアジア独特な雰囲気もちゃんとあるし、凄いスピードで発展している所もある。多面性があって楽しくて、それでいて治安が良い。移住先として人気が高いのも頷ける」

 

実際に留学をしてみて、どんな1日のスケジュールでしたか?

「朝は軽快な音楽に合わせて先生たちと一緒にダンスを踊って眼を覚ます。家族で朝からダンスを踊る機会なんてなかったから、まずここから楽しい。日替わりのスピーチの後は学習室でランチタイムまでレッスン。子供たちもそれぞれレッスンを受ける。午後は子供たちはサウスデールという学校に通い、親の我々は再びレッスンへ。親がレッスンを終えるタイミングで子供たちも帰ってきて、合流した後はゆっくりくつろぐか、繁華街まで買い物に出かけるか。オンとオフの切り替えがしやすく、自分次第で何でもできる環境だった」

 

特に思い出に強く残るエピソードを教えてください。

「全く英語を話せなかった長男が、カール先生と一緒に考えた内容で最終日にスピーチをしてくれた。2分くらいの内容だったが、ビックリするほど流暢に喋り、先生方にお礼を言っていた。あのスピーチは忘れられない」

 

もしも、もう一度留学をするならばどんなことをしたいですか?

「体験学習について特に下調べをせずに行ったので、やれる範囲が広すぎて正直戸惑った。次に行く時は一度経験した分の余裕があると思うので、あれこれと試行錯誤して、出来れば親子でアクティビティとプレゼンテーションを一緒に楽しみたい」

 

もしも次留学をするならばこれを持っていく!というようなアイテムはありますか?

「麦茶や緑茶のパック。フィリピン料理には何の抵抗もなかった我が家だが、お茶がどれもこれも甘いのだけは参った。現地で日本の物を買うと高いので、次に行く時は自分で作れるように安いパックのお茶を持っていく」

 

次回留学に行くとしたら、どのような学びをしたいと思いますか?

「現地のフィリピン人の生の生活をもっと体験したい。貧しいところも、今まさに発展しつつあるところも。また、先生方と簡単な一泊or日帰りツアーに行くとか、そういう過程を通じての学びをしてみたい」

 

また、現在はどのような英語学習を継続していますか?

「アプリを使ったリスニングやスピーキング、テキストの読み込みだが、どうしても英語力が日々落ちていくのを感じる。このままじゃマズい、せっかく留学したのにもったいないなと思う毎日。子供たちにも英語に触れる機会と時間をもっと提供したい」

 

親子留学をするにあたり、SPEAが合う人、合わない人がいると思いますが、どのようなポイントがあると思いますか?

「自分で色々考えて工夫できる人は全く問題なくやれるし、自由で明るい校風が合うと思う。向かないのはツアー旅行で来たような感覚の人。アメニティが揃ってないと我慢出来ない、というようなタイプの人には合わない。不便を楽しみ、逆に日本にはないフィリピンの良さを楽しめる余裕のない人には向かないと思う

 

SPEAを一言で言うとどんな学校でしょうか?

「学校なのに親戚の家に来たみたいな、とても温かい学びの場所」

 

あなたにとってSPEAでの親子留学体験はどのようなものになりましたか?

「自分の人生においてかけがえのない、非常に濃密な3週間だった。価値観や人生観が根本的に変わってしまい、育休から職場復帰して、嫌な仕事でも定年まで我慢して働き続けなきゃ…とは考えられなくなった。

人生をいかに楽しむか。親が自分の人生を楽しんでいる姿を子供たちに見せて、それを共有できるか。これが今後生きていく上でのテーマとなった。そう考えていると、今の日本での生活を継続することに疑問を持つようにもなり、結果、家族での移住、それも老後の余生ではなく子供が小さいうちでの移住を真剣に考えるようになった。

SPEAでの経験がなければ、おそらくここまで自分の今後の人生を真剣に深くは考えていない。考えずに日々何となく仕事をして生活している方が楽だから。でもそれだとこれからの世の中、特に日本での生活は成り立たなくなっていくような気がする。本当に貴重な経験だった。今後は自分のできる範囲で、この体験を周りの同世代の親子に勧めていきたい。

「何となく日々を我慢しながら生きている、子供ともうまくいっていない、でもそんなものだと諦めている世代には絶対経験して欲しい。親が変わり、子供も変わり、家族の人生が変わる」

RECOMMEND
関連記事

ABOUT US
この記事を書いた人

YUKINO

学生時代から東南アジアをバックパッカーとして周りました。今年の三月まで、フィリピンの大学でマスコミュニケーションを勉強していました。やっと大学を卒業したので、今現在SPEAでウェブマーケティングのインターンをしています。
個人でブログも書いているので、良かったら見てください。http://worldtravelersnowy.hatenablog.com

お困りなことありませんか?

お急ぎの方は
お電話ください

SPEA電話お問合せ

現地SPEA直通になります。
平日09:00〜18:00(土日祝日は除く)

LINEでお問合せ
学校資料を無料でプレゼント!

CONTACT

  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求
  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求