【これを見れば完璧】フィリピン・親子留学疑問お悩み解消!画像

【これを見れば完璧】フィリピン・親子留学疑問お悩み解消!

こんにちはYUKINOです。今回はフィリピン・ドゥマゲテSPEAのスタッフであり、ドゥマゲテに移住したさとみさんに、親子留学についていろいろ質問しました。「親子留学気になるけれど、不安や悩みって尽きないと思います!その悩みを今日は解決して行きます!」今回は、よりフィリピンでの生活や生活していて困る事について聞きました。

親子留学第1弾もあるので合わせてみてみてください。

https://sp-ea.com/blog/10550.html

フィリピン衛生・トイレ事情

フィリピン衛生・トイレ事情画像

親子留学にかぎらず、日本人にとってそこは重要な問題ですよね。残念なことに、フィリピンのトイレは衛生的とは言い難いものがあります。日本みたいにどこいってもトイレが清潔でトイレットペーパーは常備されている。というのはフィリピンでは期待しないでください。

フィリピンのトイレの中には便座がないところも時々あります。子供はギリギリまで我慢しがちなので便座のないことに気づかず、トイレにすっぽり入っちゃう事があるので要注意です!トイレに行く際には、事前に確認しましょう。過去に娘がはまり、その衝撃的事実は3年経った今でもはっきりと覚えています。今では笑い話ですがその時はお互い目が点、しばし放心状態でした。小さいお子様が居る人は気を付けてください。

フィリピンでは、外出の際には、必ずトイレットペーパーを常備する事さらに、お子さんがいる家庭は、トイレに入る前に、便座の有無を確認しましょう。

親子留学する前に予防接種必要!?

親子留学する前に予防接種必要!?画像

日本では海外渡航の際、予防接種のカウンセリングをしている病院が専門にあります。私たちも移住前にカウンセリングを受けました。正直、専門医の話はどれも必要だと思うぐらいの説得力あります。ただ、費用がお高い!安心料と思えば高くないのかもしれませんが。また予防接種となると期間をおいて数回に分けますので全てを終えるまで2ヶ月位かかります。

私たちは狂犬予防のみ摂取しましたが、留学だけではなくフィリピン・ドゥマゲテに移住という目的があったのと、8か月の息子は常にだっこなので心配はないですが、3才の娘は行動が予測不可能だったので、念のため受けました。実際フィリピンにきてみると確かに野犬はいたるところで見かけます。しかし、ほとんどの犬は寝ていて追いかけててきたりすることはほぼありませんが、自ら犬に触れに行くなどは避けています。

フィリピンで急に子供が体調悪くなったらどうする?

フィリピンで急に子供が体調悪くなったらどうする?画像

子供は大人に比べて体調を崩しやすいです。日本から、フィリピンに来て体調を崩すなんてことも良くあります。フィリピン・ドゥマゲテ市内には、シリマン大学の大学病院やドゥマゲテ州立大学があるので、病院の問題はありません。ですが、日本でお使いの常備薬は必ず持参しましょう。私はかかりつけの病院から、解熱剤を少し多めにだしてもらいフィリピンに持参しました。

フィリピン・ドゥマゲテSPEAでは日本人スタッフが同じ敷地内に住んでおります。なので、緊急の際の対応も可能です。※住んでおります日本人スタッフはインターン生もおりますためタイミングによっては不在の場合もございますが、近くに住んでいる日本人スタッフが常駐しております。

フィリピン親子留学学校選び不安・疑問

フィリピン親子留学学校選び不安・疑問画像

フィリピン留学の語学学校自体がものすごい勢いで増えていますね。溢れる情報。一体、私たちは何を基準に選んだら良いかほんとに迷います。情報を探しているだけで一日がすぎてしまうこともありますよね。親子留学の受け入れの少ない学校では親子留学の専門とした本格的なカリキュラムを持っている学校は少ないです。

また、受け入れが多い学校は、学校独自の親子留学のオリジナルカリキュラムがあり、子供の扱いに慣れている先生が常駐しています。大人、こども両方を受け入れるには大小問わずトラブルはつきものです。トラブルが続き、最近では親子留学自体の受け入れを控える学校も出てきていることも現状です。

さらにいうとカリキュラムだけに目を向けがちになりますが遊びまわりたいこども達にとって、敷地の広さの確保や施設の充実さも非常に重要な要素となっているようです。中長期の滞在をお考えの方はカリキュラム以外のこども向けの設備を兼ね備えた学校をおすすめです。

親子留学カリキュラム

親子留学カリキュラム画像

「親子留学は、どんなものか分かった!しかし、実際どのような授業が行われているか気になりますよね?」そんな方の為に、当校の親子留学のカリキュラムを紹介します。

親子留学は主にカスタマイズ授業です。お子様の年齢や性格、そして英語のレベルに応じて授業をオリジナルでカスタマイズしていきます。これに関しては学校が親子留学、こどもの教育をどう考えるかという教育哲学によりますが、ちなみに私たちの学校SPEAでは「お子様が興味をもって英語を好きになる」机での学習だけではなく教室の外で体を動かしながら遊びの中で英語を学ぶこともできます。

親御さん画像

3時間と6時間の中で教科を選択して自分の興味のある教科を選べます主流はマンツーマン授業が多いです。親御さんの授業の間は、子供さんは英語の勉強をしているので、子供さんの心配をしないで、自分の勉強に集中できます。さらに、マンツーマンコースについては、親御さんの英語のレベルに合わせて、適したレベルのカリキュラムを受ける事が可能になっています。

子供さん

  • 当校でマンツーマン授業を受ける

当校でマンツーマン授業を受ける画像

1つの部屋に、集まって日本人の子供と一緒に授業をします。英語が全く分からないお子さんには、オススメです。お子さんが、英語を抵抗なく楽しく学べるでしょう。英語は、初めが肝心です。子供の頃に苦手意識がついてしまうと取り払うのは凄く大変です。子供さんに、英語は楽しい物だと知ってもらうのには最適です。

  • フィリピンの現地のインターナショナルスクールに行く

フィリピンの現地のインターナショナルスクールに行く画像

フィリピンの現地の「インターナショナルスクール」に通学をし、実際に諸外国の多くのこどもたちと交流をする中で英語を学んで行きます。子どもの記憶力や吸収力は驚くほど早く、大人以上に優れています。インターナショナルスクールに行き、同年代の友達ができる。「楽しい!嬉しい!もっと話したい!もっと遊びたい!」と思う事によって次第に英語を理解し始めていきます。

そのうち友人の言っていることを真似しはじめる。それが英語で、聞いたことをそのまま声に出す。インターナショナルスクールに通って居る娘の発音の良さに驚くこともしばしばあります。

こども達にとって「友達は史上最強の先生」のようです。

 

親子留学で注意しておきたいこと

親子留学で注意しておきたいこと画像

基本お子さんと親御さんは別々となります。お互い集中するためには別々のほうがはるかに効率がよいと思います。ただ、せっかくの親子留学「親御さんとお子さんと一緒に授業を受ける」ことで「英会話という共通の話題」と「学びの時間を共有」ができますので、普段、忙しくしているお母さんお父さんと「親子の絆」や「関係性」を深める機会にもなるのではないでしょうか。お子様も「おかあさん、おとうさんと一緒に勉強しているんだ」という新鮮な気持ちを感じることでしょう。

最後に、フィリピン親子留学チェックする厳選ポイント!

最後に、フィリピン親子留学チェックする厳選ポイント!画像

私が実際にフィリピン・ドゥマゲテで親子留学をして感じたフィリピンで親子留学をする際に、気お付けておきたい事は以下です。これを参考に、学校探しをしてみて下さい。

  • 親子留学の受け入れ実績があるか
  • 敷地内にこどもが遊べるスペースはあるか
  • お子様の食事対応があるか
  • 日本人スタッフが常駐しているか

今回は、スタッフのさとみさんの体験談をもとに、フィリピン・親子留学について紹介して来ました。少しでもフィリピン・親子留学について不安や悩みが解消すれば幸いです。ぜひ、お子さんと一緒に、思い出に残るフィリピン留学を一緒にしませんか。分からない事や、不安な事があれば、お問い合わせください!待ってます!!

 

全員に無料プレゼント!
簡単1分で留学に役立つ資料をGETしよう!

 

  1. 全員に無料プレゼント!単身者向け留学パンフレット(15P)
  2. 親子留学向け留学パンフレット(16P)
  3. 旅のしおり(16P)
  4. 完全乗り換えマニュアル(11P)


フィリピン留学を考えている人必見のフィリピン留学完全マニュアル!
フィリピン留学の歴史や、フィリピン留学の動向、そしてフィリピン留学成功の秘訣などなど
留学を検討する人にとって役に立つ、ここだけの情報をまとめてみました。

 

YUKINO 学生時代から東南アジアをバックパッカーとして周りました。今年の三月まで、フィリピンの大学でマスコミュニケーションを勉強していました。やっと大学を卒業したので、今現在SPEAでウェブマーケティングのインターンをしています。 個人でブログも書いているので、良かったら見てください。http://worldtravelersnowy.hatenablog.com

  1. 【決定版!】フィリピン・マニラ・セブ・ドゥマゲテの治安情報画像

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP