2020年新年のご挨拶 – ドゥマゲテ親子留学のSPEA | 実践体験を大切にする学校

2020年新年のご挨拶

    新年のご挨拶

    新年あけましておめでとうございます。

    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    SPEA事務局代表の松岡です。

    昨年末は、本当に数年ぶりに日本で年越しをする機会となり、

    兼ねてから行ってみたいと切望していた、出雲大社へと、1230日から、車で向かい日本の正月を大変楽しみました。

    東京から、淡路島へと向かい、香川で讃岐うどんを食べて、愛媛では道後温泉で温まりからフェリーで瀬戸内海を渡り、呉を経由して広島へ、広島では平和祈念公園で平和について考え、島根県の出雲大社へ。総工程で1800Kmの旅となりました。

    各所を回る中で、特に広島に置かれては外国人観光客の多さに驚きました。またやはり各所に外国人の観光客を多く散見し、日本国内のグローバル化をこれまた感じた次第でございました。

    もともと私は、日本という国の歴史や文化にあまり興味のない、青年でした。ましてや国内旅行なんぞに目もくれないそんな、完全に欧米文化に偏った、人間でした。

    20代の中頃から海外に行くようになり(それまでは行ったことがない)そこから何か自分の中で変化が起こってきました。2009年からフィリピンでビジネスを開始(27歳の時)そこから、祖国の歴史や文化、国内旅行、日本語についてなどを深く深く興味を持ち学び始めることになりました。

    不思議ですね(笑)

    対岸から日本という国を見つめたときに、いかに不可思議で素敵な国なのかを知ることになり、そして、海外に出てたくさんの外国の人と触れ合う中で、日本のことに関して語れない自分。を知ることになりました。

    私のであった諸外国の方々は皆口々に祖国に関して熱弁をしてくれるではないですか。むしろ彼らの方が日本のことをよく知っているのではないか。という状況に遭遇したのでした。

    今、私は英語学校をドゥマゲテという場所で行なっていますが、英語というスキルを学ぶことももちろん大事なのですが、英語を通して、その国の文化や宗教観など、歴史的な背景を知ることはもっと大事だなと思いました。

    強いてはそれが自分の安全を守る知識にもなるし(尊敬ができるから)さらに相手を知るための理解にも繋がると思っています。

    私たちは一人一人が、独自の価値観と世界観を持って共生をしています。これは文化が違う国籍が違う人たちの他に、同じ同国の日本人同士も、同じく、独自の価値観、世界観を持って生きています、いわゆる、個性というやつですね。

    英語を学ぶ。という過程の中で、私は気がつきました。言葉を学ぶことは、相手の個性を知り学ぶことだと。これは他国の人のみならず、国籍が同じ日本人同士に対しても同じような姿勢をもつ自分がいることを。

    そして、言葉とは、完璧でなくとも丁寧に熱意を持って思いを持って紡ぎだすことが大切であるということを。完璧な文法やテクニックではなくて、自分の心と頭と語学力が一つの軸になった時に、本当の意味でのコミュニケーションになるのだと。

    今回の、旅路の中で、平和祈念公園が個人的には強烈なインパクトで、様々な国の人たちが、訪れ、展示物を見ながら、涙をしているのです、すすり泣く声が館内の静寂の中にこだましていました。

    私もこの瞬間に感情が決壊し、涙まみれになってしまいました。

    私たちは、独自の世界があり、それは個性という形になっています。コミュニケーションとは、手を重ねあい、「わかってよ!」「どうしてわかってくれないの?」と行った、手押し相撲になりがちです。

    しかし大切なことは、どうしたら相手を理解できるのか。理解しようとする姿勢。これが大切になるわけです。仮に英語ができたとしても、この姿勢がなければ、分かり合えず、なんとなく音を発している。そんな状態になってしまいます。

    私たちが、お互いに理解を示し、興味を持ち、話を聞く力を高めていく、そんなコミュニケーションが蔓延して行ったら、平和になり幸せなのだろうと思いました。

    改めて、語学を学ぶということは、相手の文化や個性を理解する第一歩に他なりません。今年一年もSPEAでは語学を通して、コミュニケーションの大切さを追求していきます。

    また同時に今年から、不登校の子どもたちを受け入れるサポート校を開校していきますので、みなさんぜひお近くにご興味のありそうな方がいらっしゃいましたらご紹介くださいませ。

    長文となりましたが、本年のご挨拶とさせていただきます。

    2020年 1月吉日

    代表 松岡良彦

    投稿者:

    松岡ヨシヒコ

    ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。 2009年にフィリピンへと渡り日本初となる子供専門のオンライン英会話を立ち上げるところから始まる。2013年に同社の代表を退任し、アクティブラーニングを主力とした英語学校を設立するためにこのドゥマゲテへと降り立つ 好きな言葉は「EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL」想像することは実現する。

CONTACT

  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求
  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求