【完全版】フィリピン・ドゥマゲテの病院情報

こんにちはYUKINOです。フィリピン・ドゥマゲテに来て早一年が過ぎようとしています。フィリピン留学をするに至って一番心配なのが、病院情報ですね。特に、お子さんが一緒に居る方は、心配でたまらないと思います。子供は、大人と違い免疫がついて居ないので、急に環境が変わると、体調を崩しやすいです。そんな、今日はフィリピン・ドゥマゲテで体調が悪くなった時に、どの病院に行けばいいか紹介します。

フィリピン人は病院に行かない!?

フィリピン人は病院に行かない!?画像

病院を紹介する前に、フィリピンの病院事情について紹介します。皆さん知っている通り、フィリピンは新興国です。なので、大卒出の平均月収は約3万円とされています。そんな中、風邪や病気を発症した際に、病院に行く余裕があるでしょうか、無いです。したがってフィリピンの人は病院に行かず、薬局で薬だけ買って治します。なので、現地のフィリピン人に聞いてもあまり病院の情報は得られないでしょう。

フィリピンの友人に聞いたドゥマゲテの病院事情

フィリピンの友人に聞いたドゥマゲテの病院事情画像

フィリピンの病院は、日本の病院とは違います。フィリピンの病院は医師が病院の一室を借りて診療を行って居ます。そして、フィリピンの病院は部屋をレンタルしている医師に全て任せられているので、病院自体が開いていても、医師が居ない時があります。そのため、フィリピンの病院は朝いちで行っても、医師が来るのが10~11時で、11時半くらいにはお昼休みが始まり、お昼が終わるのは、2時30です。なので、時間がかかることを頭に入れておきましょう。

フィリピンの友人に聞いたドゥマゲテの病院事情

フィリピンの友人に聞いたドゥマゲテの病院事情画像

フィリピン・ドゥマゲテには、いくつかの公立病院と州立病院があります。値段は、州立病院の方が多少は安くなります。私立病院は、施設はそろっているが、いつも人が並んでいるので、時間がかかります。

Negros Oriental Provincial Hospital

Negros oriental hospital画像

州立ネグロスオリエンタル病院はシリマンメディカルの次に有名な病院です。医師は、シリマン大学で勤務している医師が、州立ネグロスオリエンタル病院にも来ているので、医療の質に変わりはないでしょう。さらに、シリマンメディカルに比べると、待つことが少ないです。

Silliman University Medical Center

Silliman university medical center画像

フィリピン・ドゥマゲテのシリマン大学の大学病院になります。施設や、医療のクオリティーに関しては、ドゥマゲテ1でしょう。ですが、シリマンメディカルには、いつも多くの患者さんで溢れているので、ものすごく時間がかかります。なので、待ちたくない人は州立病院をオススメします。ちなみに、シリマン大学の学生は、シリマンメディカルに行くと割引が効きます。

総合病院はこの2つですが、街に行くと小さな病院も沢山あるので、丁寧に見てもらいたい方は、街の小さな病院に行くのが良いでしょう。ですが、緊急時には向いていない事を頭に入れておいた方が良いでしょう。

フィリピンの病院の仕組み

フィリピンの病院の仕組み画像

フィリピン・ドゥマゲテには、病院の予約と言う機能はありません。したがって、もし体調を崩してしまい病院に行く際は、具合が悪いのにも関わらず、病院に直接行き待たなければ、いけません。私も、一回体調を崩し、原因不明の寒気と体のだるさを感じ、病院に行きましたが、2時間以上待った上に、先生がどこにいるか分からないと言われ、体調が悪化した事があります。フィリピン特に、ドゥマゲテでは病院にも容赦なくフィリピンタイムがあるので、気を付けください。ただし病院によっては予約が効く事もあるので各病院に確認して頂いた方がいいと思います。

フィリピンの病院に行くと、ガードマンらしき人が、予約券をくばって居るので、その人に何科に行きたいか伝えると、紙がもらえるので電光掲示板で番号を確認しましょう。電光掲示板に自分の番号が表示されたら、指定されている医者の部屋に行って診察してもらいます。中で、問診表を書いて診察になります。その後に、必要な薬があれば、薬局に行って買います。各病院に薬局も付属していますが、どこの薬局でも受け取れるので、家の近くで貰うのが良いでしょう。

また、総合病院の場合他の人に受付のチケットを先に取ってもらってそれに合わせて病院に行くなどの方法をSPEAでは使っています。その方が待ち時間が少なくなるからです。病気の時に長時間は待ちたくないですし。

フィリピン・ドゥマゲテの病院の値段

フィリピン・ドゥマゲテの病院の値段画像

海外の病院と聞くと、高額なイメージがありますよね。では実際フィリピン・ドゥマゲテの病院はどうなって居るのか。ドゥマゲテの病院は、初診料が500Pで加えて薬代が別途かかります。ですが、医師によっては値段が違う場合がありますが、1000P以下には収まるでしょう。診察だけだと、意外とお金はかかりませんが、病院に入院する事になると、全く別の話になります。私の友人がシリマンメディカルに1日入院したのですが、彼女は1日1万ペソ約22000円とられたと言って居ました。1日で済んだから良いですが、長引いたら膨大な金額になります。

常備薬を日本から持参する

常備薬を日本から持参する画像

日本では、あまり風邪を引かない人でも、海外に来ると風邪を引きやすくなったり食あたりになったり、熱が出たり様々な事が起こります。なので、念のため日本から常備薬を持って来ましょう。私は大丈夫と思っている、そこのあなたが一番危ないかもしれません。薬にアレルギーがある場合は、必ず、フィリピンに来る前に確認して、医師の方に英語でメモを書いてもらうようにしましょう。

英語が心配

英語が心配画像

残念ながら、フィリピン・ドゥマゲテに日本語対応の病院はありません。英語の勉強が出来るとプラスに考えられれば、良いですが緊急時にはそうもいきません。フィリピン・ドゥマゲテは田舎なので、人が優しいです。なので英語が喋れなくても一生懸命聞いてくれますが、より効率的に話を進めたいのであれば、紙に英語を書いて行って見せるのが良いでしょう。そんな時に使えそうな英語をいくつか挙げときます。

  • I have stomach ache.(お腹が痛い)
  • I have head ache.(頭が痛い)
  • I fell I want to puke.(吐き気がする)
  • I have fever.(熱がある)

もし、英語が分からなくて、どこか痛い場所がある場合は、その痛い場所を手でさし、Painful と言えば理解してもらえるでしょう。病院で英語なんて喋れないよ!と思う方も居るでしょうが、落ち着いて考えて下さい。どこが痛いかを伝えれば、医師も適切な対応をしてくれます。

緊急時こそ落ち着いて

緊急時こそ落ち着いて画像

フィリピン・ドゥマゲテに滞在中に、体調が急に悪くなったりしたときは焦ると思いますが、一端落ち着きましょう。日本からフィリピンに来て、いきなり環境が変われば誰もが体調を崩しやすくなります。そんな時は、遠慮せずはっきりと体調が悪いと主張しましょう。日本では、我慢する事が良い風潮がありますが、海外では主張しないと分かってもらえません。

今日は、フィリピン・ドゥマゲテの病院情報について紹介しました。一時的な滞在なら関係ないかもしれませんが、長期的に滞在するときには必ず必要になってきます。是非参考にしてみて下さい。

全員に無料プレゼント!
簡単1分で留学に役立つ資料をGETしよう!

 

  1. 全員に無料プレゼント!単身者向け留学パンフレット(15P)
  2. 親子留学向け留学パンフレット(16P)
  3. 旅のしおり(16P)
  4. 完全乗り換えマニュアル(11P)


フィリピン留学を考えている人必見のフィリピン留学完全マニュアル!
フィリピン留学の歴史や、フィリピン留学の動向、そしてフィリピン留学成功の秘訣などなど
留学を検討する人にとって役に立つ、ここだけの情報をまとめてみました。

 

YUKINO 学生時代から東南アジアをバックパッカーとして周りました。今年の三月まで、フィリピンの大学でマスコミュニケーションを勉強していました。やっと大学を卒業したので、今現在SPEAでウェブマーケティングのインターンをしています。 個人でブログも書いているので、良かったら見てください。http://worldtravelersnowy.hatenablog.com

  1. アイキャッチ画像
  2. 【今からの時期に要注意】デング熱には気をつけよう
  3. アイキャッチ画像

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
お問い合わせ・無料資料請求