アイキャッチ画像

【ドゥマゲテ仮説】フィリピン ドゥマゲテはノマドワーカーに最適な街か?

ノマドワーカーの人にとって実はフィリピン ドゥマゲテはノマドに最適な街ではないかと思うことがある。その理由として日本人には知られていないが外国人から見るとドゥマゲテは有名な街でありリタイア後に住みたい街であるという部分からだ。先進国で暮らしてきた外国人が余生とはいえ生活レベルを下げずに暖かい物価の安い所で暮らしたいというのはもっともだと思う。そこで今日はノマドに最適な街かどうか検証してみようと思う。

 

Forbesにも載ったリアタイ後に住みたい街

 

AUR 25,2014のForbesの記事にこんなのがある。

タイトルは The 7 Best Place to Retire Around the World

そこにはこう記されている。

Here you’ll find one of the best places for beachfront living on a budget. Dumaguete is among the cheapest places in the world to live, according to the Retire Overseas Index. The climate is hot and humid. (Dumaguete is protected against most of typhoons in the Philippines.)

https://www.forbes.com/pictures/fgmi45jlfe/no-5-dumaguete-philippines/#2ff8c3a36095

Forbes記事より引用

 

また同じ記事でForbesにはこうも記載されている。

Dumaguete, Philippines —inexpensive, great beaches, expats, balmy climate, health care

https://www.forbes.com/sites/nextavenue/2014/08/25/the-7-best-places-to-retire-around-the-world/#332443c79a29

Forbes記事より引用

確かにドゥマゲテはフィリピン国内の中でも地方になるため物価は安い。また綺麗なビーチも近くにはたくさんあり、穏やかな気候やシリマン病院を筆頭にした医療体制などは驚くほど整備されている。台風も南のミンダナオ島には来るがあまりドゥマゲテ直撃という事もなく安定している街である。

シリマン大学病院 画像

シリマン大学病院。
ドゥマゲテでは一番いい病院です。

そういうった意味では過ごしやすい。街も機能はしっかりしているが渋滞が起きるのも一定の時間帯のみである。近くに山もあり海もあるという食材には恵まれた環境と言える。

ドゥマゲテ イメージ画像

ドゥマゲテ。
海も近くリラックスした気分になれます。

またドゥマゲテの一番の特徴として治安がいいという部分だ。実はマニラやセブなど日本人が多く訪れる理由に夜遊びがあるがドゥマゲテには基本的にはない。全くないわけではないが街の方針としてないのも治安がいい部分の象徴ではないだろうか。

 

実際に生活してみての食費

 

ドゥマゲテで日本人ノマドが住む時に気になるのは食事ではないだろうか。

よくマニラやセブに住んでいる日本人の方でもフィリピン料理は口に合わないもしくはあまり好きではないと言われる。確かに筆者も現地に住んでみて思うのは味が濃いという点ではないだろうか。これには理由があると考察している。それはフィリピン人がよくお米を食べる事に関係していると思う。濃い味のおかずならそれ一つでご飯を沢山食べれるという部分に繋がると感じている。

ローカル食堂 画像

ローカル食堂でのご飯。
少しのおかずでご飯を食べます。

筆者は東南アジアではフィリピン以外にもベトナム・カンボジアに住んだことがある。また旅行などの1ヶ月ほどの滞在ならタイ・ラオス・インドネシアなどにも滞在経験がある。

そのどの国でも感じたのは甘味と辛味がはっきりしているという部分だ。

おかずになるものはどこの国でも甘味や辛味がはっきりするほど強い。飲み物は基本甘くスッキリとした感じを求めるのならフレッシュジュースくらいだと思っている。コーヒーにしてみれば砂糖なし以外は全て甘いと感じる。

 

話を戻そう。フィリピンでは一般的な食堂ではこのような味が多く合わないと言われる。個人的にはご飯の炊き方も関係していると思う。日本のお米の炊き方とは違っているため口に合わない事もあると思う。ただローカル食堂で住むのであれば1食50〜80PHP(約100〜約160円)ほどで食べれるので費用は安く済ませる事も可能だ。

ではフィリピン料理以外となるとパスタ等違った国の食べ物や日本食に頼る事になるのだがマニラ首都圏やセブだと価格も高くなる。一回の支払いが500PHP(約1000円)を超える事も多いと思う。(酒代は除く)

ピザ 画像

たまにはピザなども食べたくなります。

しかし、ドゥマゲテではどうか見てみよう。

市内の外国人が集まる外国料理屋で夕飯をとった場合一回の支払いで500PHPを超える事はあまりない。もちろん高級な物を食べれば超えてしまうがパスタ1皿で150PHP(約300円)くらい。ピザ1枚で高くても350PHP(約700円)ほどである。もちろんシェアしながら食べる事が多くあまりお金がかからない。(酒代は除く)

もちろん良いことばかりではない。日本人が一番食べたくなる日本料理。ドゥマゲテで美味しいところは1店もない。なんちゃって日本食が多いだけでなく現地の人に味を合わせているため日本人には合わないもしくは物足りないお店ばかりだ。

日本食 画像

こういうのを食べるのには適していないドゥマゲテ。
たまに恋しくなります。

次に実際にどれくらいのイメージになるかフィリピン マニラとフィリピン セブ・フィリピン ドゥマゲテと日本の東京を比較してみた。

  マニラ セブ ドゥマゲテ 東京
ローカル食堂 100PHP(約200円) 100PHP(約200円) 80PHP(約160円) 700円〜
カフェ 120PHP(約240円)〜 100PHP(約200円)〜 60PHP(約120円)〜 280円〜
レストラン 約300PHP(約600円)〜 約300PHP(約600円)〜 約250PHP(約500円)〜 1100円〜


カフェはblack coffee

ローカル食堂は2品+ご飯

レストランはオシャレ系ハンバーガー屋で計算。

 

意外なことにローカルの食堂はあまり差が出ない。レストランもハンバーガーで比較したからか思ったほど差が出ない。しかしこれが高級レストランになればどこもグッと上がってくる。

カフェではマニラやセブにはあまり差がないがドゥマゲテはぐんと安くなっている。これは高級店では集客が難しいせいか基本的に安いお店が多いせいだろう.

東京と比較すると格段にフィリピンが安くその中でもドゥマゲテが安い事がわかる。

 

では実際どれくらいうかかるかを計算してみた。

なお1日2食 1週間4回はフィリピン料理以外を食べたとして計算してみた。

 80PHP×2回=160PHP/日(フィリピン料理の日)

250PHP×2回=500PHP/日(フィリピン料理以外の日)として計算をしたところ

1ヶ月の食費は7200PHP(約14200円)となる。

筆者はこれくらいで暮らしているので妥当かと思う。

 

住居費はどれくらいかかるのか?

 

フィリピン マニラやフィリピン セブで暮らそうとするとどのレベルに住むかで値段が変わってくる。当然ドゥマゲテもセキュリティやプールをつけると値段は上がってしまう。

高級マンションイメージ画像

このような感じの部屋はやはり高いです。

そこで今回はローカルアパートで日本人が住めるレベル(壁がベニヤ板ではない等)で比較をして見た。表は以下の通りである。

  マニラ セブ ドゥマゲテ 東京
住居費 12000PHP(約24000円)〜 10000PHP(約20000円)〜 3850PHP(約7700円)〜 75000円〜

なお日本は東京の1Kの相場から計算。

 

意外とマニラやセブが安い事が解る。しかしドゥマゲテは特に安く感じるがこの価格のアパートに日本人が複数住んでいるので最低限の価格帯で計算した。

ドゥマゲテ 部屋 イメージ画像

ドゥマゲテローカルアパート。日本人が住める最低限レベルです。

カリンダガン 部屋画像

部屋は狭いがインターネットと冷房が部屋にあります。
あとは共同使用です。

これに別途電気代がかかる。クーラーなどをどう使うかにもよるが筆者の部屋で月500PHP(約1000円)ほどである。クーラーと扇風機と照明くらいしかないが。

インターネットはどうするのか?

 

ノマドワーカーの方はよくカフェで作業をされている方をお見かけするがいっその事部屋で行ってみたらどうだろうか?

ノマド イメージ画像

部屋にインターネット代が含まれている場合もあるが無かったり遅いのであれば自分の部屋にインターネットを引く方法もある。

主には通信キャリアのGlobeやsmartのHome wi-fiと言われる機械を購入し電源に差し込む事で使用が可能となる。ただし部屋に電波が届かないと使えないところが注意が必要。

  Globe smart
Home wi-fi あり あり
1ヶ月使用料 599PHP 1500PHP
1ヶ月使用可能データ量 15GB 15GB
価格 1990PHP 1999PHP


となっておりGlobeの方が安いのが特徴だ。またケーブルテレビからインターネットを引く事も可能である。

 

全部でいくらかかるのか?

 

先ほど出した金額を総計してみよう。

食費が7200PHP

住居費が3850PHP

インターネット代が599PHP

合計11949PHPとマニラの住居費と変わらない位の価格となる。

 

他に携帯代やビザ代はフィリピン国内ではどこでも同じ費用がかかる事を考えると都会だがゴミゴミしているマニラやセブを飛び出してドゥマゲテでノマド生活をする事は可能である。

 

しかもドゥマゲテはアクティビティに強く近くに黒魔術士がいる島」シキホール島 「亀と泳げる」アポ島 

アポ島 イメージ画像

アポ島では亀と泳げます。

ジンベイザメと泳げるオスロブ ツインレイクや温泉があるドゥマゲテ及び近郊とアクティビティには強い。

温泉 イメージ画像

ドゥマゲテ近郊に温泉が2つあります。

それならいっその事「日本人だけが知らない世界的に有名な街」ドゥマゲテでノマド生活を始めるのも面白いかと思う。

全員に無料プレゼント!
簡単1分で留学に役立つ資料をGETしよう!

 

  1. 全員に無料プレゼント!単身者向け留学パンフレット(15P)
  2. 親子留学向け留学パンフレット(16P)
  3. 旅のしおり(16P)
  4. 完全乗り換えマニュアル(11P)


フィリピン留学を考えている人必見のフィリピン留学完全マニュアル!
フィリピン留学の歴史や、フィリピン留学の動向、そしてフィリピン留学成功の秘訣などなど
留学を検討する人にとって役に立つ、ここだけの情報をまとめてみました。

 

CRAZY KENGO CRAZY KENGO 又の名をアラフォーおっさん。ベトナムで日本語教師をし、カンボジアにも住み、フィジーに留学をし、ひょんなことからここドゥマゲテへ。 とにかく凄まじい行動力と洞察力で情報を瞬時にまとめ発信をし続ける行動力はすごい! 好きなものは「ハンバーガーとビール」一見すると強面とも取れなくないが、誠実かつ真面目。マイクを握らせれば美声を轟かせる、奥が深い人間。 食レポを中心に別Blogでも活躍中! http://k031281.hatenablog.com/

  1. アイキャッチ画像
  2. 【今からの時期に要注意】デング熱には気をつけよう

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
お問い合わせ・無料資料請求