【フィリピン選挙日】バランガイ選挙日は禁酒なのか調べてみた! | フィリピン英語留学・ドゥマゲッティ語学留学SPEA

【フィリピン選挙日】バランガイ選挙日は禁酒なのか調べてみた!

 【フィリピン選挙日】バランガイ選挙日は禁酒なのか調べてみた!

フィリピンに住んでいるとバランガイという言葉を聞いたことがありませんか?

バランガイ(barangay)とは都市と町を構成する最小の地方自治単位の事です。

一つの町はいつくかのバランガイで構成されています。

2018年5月14日は2013年に行われたバランガイ選挙以来のバランガイ選挙でした。

フィリピンでは選挙の前日と当日は酒類販売禁止となっているのですがある噂がありました。

それは「外国人向けのリゾートやお店ならOK」という話です。普通に考えると販売ができなくて当然なのですがそんな噂が流れるフィリピン。

そこで実際はお酒の販売はどうなっていたのかドゥマゲテで調べて見ました。

 

サリサリストア・コンビニエンスストア

 

普段お酒を買うサリサリストアやコンビニエンスストア。気軽に買えて便利なお店なのですがここで選挙前日と当日に酒の購入を試みました。

結果は「No」で購入できなかったです。理由を聞いてみたところ選挙があるから売れないと言われました。

 

サリサリ 画像
コンビニエンスストアだけでなく個人商店でもNoと言われました。

 

スーパーマーケット

ドゥマゲテ市内にはいくつかのスーパーがありますがやはり選挙前日と選挙日はお酒の販売を停止していました。理由としてはサリサリストアやコンビニエンスストアと同じです。

やはり基本的に酒類の販売が停止されるためその日に飲みたい方は事前の購入をされた方が良い感じでした。

カレンデリア(ローカル食堂)

 

お酒の扱いがあるカレンデリアで注文してみました。

注文した人が顔なじみだったせいか一瞬悩んで「OK」という返事でした。期待して待っているとお酒の担当者が「今日は選挙のため売れない」という返事でした。

やはり選挙の前日と当日は売れない様子です。現地の人もいつもなら飲んでいる人をよく見かけますがこの2日だけは大人しく飲んでいる様子はありませんでした。

FOOD NET内部様子画像
ここでは選挙日前日と当日は販売できないそうです。

 

ボリバード(海沿い)の外国人向けレストラン

 

ドゥマゲテにはボリバードと呼ばれるエリアに外国人向けのレストランがいくつかあります。

事前に話で聞いていたのは外国人向けのレストランやリゾートホテルなら販売している可能性があるという話でした。

実際に選挙前日に行ってみるとなんと普通に皆さん飲んでいるじゃないですか!

しかもビールを隠しながらかと思っているといつも通りの状態でした。

スタッフに話を聞いてみると「今日は選挙前日だから大丈夫」との話でした。

ただ飲んでいる外国人も普段とは違い抑えめで飲んでいる様子でした。

 

選挙当日 友人が経営する日本食レストランでビールを注文してみました。

「OK」と悩むこともなく普通にビールが提供されます。

スタッフに今日は出していいのか確認したところ「問題ないよ」との返事。

私だから問題ないのかお店として問題ないのかがわからなかったため、別のお店ものぞいてみました。すると前日酒類を提供していたお店は普通に提供していました。

ローカルのお客さんが多い店で聞いてみたら「今日は出せない」との返事だったため外国人向けのお店に限り提供していた様子でした。

特にHONEYCOMBWhy Not ? Barはいづれの日も提供しておりドゥマゲテで選挙前日と当日に提供していたのはボリバードの外国人向けレストランだけでした。

フィリピン 選挙日 ビール
選挙日でもビールの販売がされていました。
その辺りは緩やかな感じなんでしょうか。

同時期にマニラ マカティ在住の友人もレストランでビールを飲んでおり外国人向けのレストランなどでは提供されていました。

 

まとめ

 

もし選挙前日や当日にお酒が飲みたくなったりそういう店を探さないと行けなくなった時は外国人向けのお店に行ってみたらいかがでしょうか。

ドゥマゲテだとボリバード沿いのHONEY COMBやWhy Not ? Barなどでは提供しています。

また、Oosaka kitchenでも提供していました。

 

選挙があったりすると急に休みになることもあるフィリピンです。2013年の選挙の時には全国的に治安が一時的に悪くなりましたが治安がいいフィリピン ドゥマゲテにあるSPEAで英語の勉強をしてみませんか? 治安がいいドゥマゲテなら首都マニラやセブ島ほど治安に心配する必要がありません。安全なドゥマゲテで海外留学を楽しんでみませんか?

RECOMMEND
関連記事

ABOUT US
この記事を書いた人

松岡ヨシヒコ

ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。
好きな言葉は、アインシュタインの"EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL"想像できることは実現する。

趣味は、音楽とツーリングと読書。最近はお香を焚きながら音楽を聞き、読書をすることにはまっている。

英語学校を作った理由としてあげられるのが、世の中に対する「怒り」からくるものだった。というちょっと熱血漢な人。

お困りなことありませんか?

お急ぎの方は
お電話ください

SPEA電話お問合せ

現地SPEA直通になります。
平日09:00〜18:00(土日祝日は除く)

LINEでお問合せ
学校資料を無料でプレゼント!

CONTACT

  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求
  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求