【休日の過ごし方】ドゥマゲテ 温泉に行こう! | ドゥマゲテ親子留学のSPEA | 実践体験を大切にする学校

【ドゥマゲテ 観光地】ドゥマゲテ 温泉に行こう!

 【休日の過ごし方】ドゥマゲテ 温泉に行こう!

日本と聞くと温泉というイメージを持たれている人もいます。実は海外にも温泉がたくさんあります。その中でもフィリピンは比較的温泉が多い国です。
そこでドゥマゲテにも温泉があるか調べてみました。
そうするとドゥマゲテの近くに2つの温泉があります。そこで今日はドゥマゲテ近郊にある温泉を紹介します。

RED ROCK HOT SPRING

この温泉はドゥマゲテ市の隣のバレンシアというエリアにあります。

ここに行く方法は主に3つの方法があります。

1.ジプニーで行く方法

フィリピン全土で見られるトラックを改造した乗り合いタクシーです。
ここからジプニーで20PHP(約40円)で温泉の近くまで行くことができます。

降りる場所はここの道の別れる場所です。

ジプニーの運転手にRED ROCK HOT SPRINGに行きたいと伝えておいた方が無難です。

 

このジプニーですが時間で発車するのではなく満員になったら発車する形なので何時に出発するかが読みにくい部分もあります。また車内は人でいっぱいなので小さなお子様がいる場合はトライシクルや車をチャーターした方がいいかと思います。

ジプニー 車内 画像
ジプニー車内様子。隙間がないくらいに詰め込まれます。
一度経験してみるのも面白いかもしれません。

また、ジプニーを降りた場所から500mほど歩く必要があります。
なおドゥマゲテ行きのジプニーの最終は土曜日で午後2時頃です。それを逃すとバイクタクシーで帰る必要があります。

2.トライシクルチャーター

ドゥマゲテでは市民の足のトライシクル。これをチャーターすることで行くことも可能です。
その場合はドライバーにしっかりとRED ROCK HOT SPRINGと伝えて下さい。
以前チャーターした際に違う場所に連れて行かれた事がありますので行き先ははっきりと伝える方が安全です。
値段は往復で500PHP(約1000円)ほどです。この値段で現地で待っていてくれます。
ただ、トライシクルの弱点ですが行きの道が上り坂が多く途中で上らなくなったりします。そのため一部で少し歩く事があります。

トライシクル 画像
トライシクル。一度に4人〜6人ほど乗れます。
貸し切れば乗り合いにはならずスイスイいけます。

3.車チャーター

人数が揃えば事前に車をチャーターして行くのが一番楽です。クーラーも入ってますし砂埃を吸う心配もありません。また近くにある滝などもセットにして行くのがいいと思います。
車チャーターの場合費用がかかる事と事前に予約が必要になるため急に思いついて行くのには適しません。小さいお子様がいる場合はこちらの方がいいと思います。(途中で歩く心配がないため)

 

RED ROCK HOT SPRING

ドゥマゲテから約30〜40分ほど進んだバレンシアの火山地帯にあるプールのような現地の温泉です。地元の人々に人気があり週末は混み合うほどです。ここは温泉といいつつも、ややぬるいです。体感温度で35度ない感じがします。日本人的には温水プールのような存在です。温泉ですが火山の硫黄のにおいや鉄分のにおいがして肌にはいいと思います。私は皮膚がアトピーなどで弱いのですが少ししみますが翌日以降肌の調子がよくなります。

ここの温泉は水着着用で入る温泉です。水着に着替えたら水を浴びてから温泉に入ります。
温泉自体はプールみたいになっていますので足が届く範囲で入る形になります。一部約2mほどの深さの部分もあります。水温は35度ない感じがしますが日中だともう少し温かく感じます。

Red Rock Hot Spring 画像
Red Rock Hot Spring.
このような温泉で日本の温泉のイメージとは少し違います。

温泉施設として売店があり簡単な食事や飲み物が売っています。びっくりしたのはフィリピンだとビールを飲みながら温泉に入ってます。

入場料は大人1人50PHP(約100円)子供30PHP(約60円)です。これに人数によってテーブルの使用料が別途必要になります。テーブルは50PHP(約100円)〜です。

RED ROCK近郊の観光地

RED ROCK HOT SPRINGの前の道を約1kmほど進むとPulangbato Fallsという滝があります。


ここは川の方に滝が一つと小さなプールの方に滝が一つあります。
両方とも滝壺で泳ぐ事ができます。冷たい水ですがとても気持いい場所です。

Pulangbato Falls 画像
Pulangbato Falls.
奥の滝の滝壺までいけます。
Pulangbato Fallsプール 画像
Pulangbato Fallsのもう一つの滝。
手前がプールになっていて泳げますが一部深くなっています。

またドゥマゲテから来た道を奥に進むとocean 24という温水プールがあります。


ここは家族づれが多く家からご飯を持って来たりして楽しむ場所です。
こちらも入場料とは別にテーブル使用料がかかります。
売店は小さいものしかなく食事などは持ち込む必要があります。

ocean 24 画像
ocean 24のプール。
温水プールで気持ちがいいです。

まとめ

ドゥマゲテから気楽に行ける温泉です。行くまでの交通手段が色々とありその交通手段によって費用も変わって来ます。
個人で行くならジプニーでも十分です。複数人いる場合はトライシクルか車をチャーターするのがいいかと思います。シャワーばかりの生活が多いフィリピンで湯船に入れるのは嬉しい事なので機会があればぜひ行ってみてください。

ブログの内容は皆さんの知りたい情報でしたでしょうか?皆さんの疑問は解決できたでしょうか?
もしもお役に立てた場合はSNSなどでご紹介いただけますと幸いです。また#SPEAで投稿いただけました場合、お礼のメッセージを送ることもございます。是非ともよろしくお願いいたします。

ブログでは書ききれていない情報もたくさんあります。ブログだけでは伝えきれないことがたくさんあります。
留学をご検討の皆様、もしも必要でしたら無料で留学のカウンセリングも実施していますのでお気軽にご相談を。
無理な営業やしつこい営業などは一切いたしませんのでご安心ください。皆さんにあった形を一緒に考えます。

LINEで無料留学相談はじめました

RECOMMEND
関連記事

ABOUT US
この記事を書いた人


Fatal error: Call to undefined function my_get_post_profile() in /home/speaduma/sp-ea.com/public_html/wp-content/themes/spea/single.php on line 97