マンツーマンCourse(一般英会話)

General Course(一般英会話)

座学を中心とした総合英会話コース。
11のサブジェクトから自分の目的や目標に合わせてカスタマイズ。

■グループ ■マンツーマン

 

 

ど短期留学

ど短期留学

2週間までの短期留学者専用コース。短期間で濃密なレッスンをしたい!!
忙しい経営者の方や時間の取れない方で集中的に学びたい方向け。入校初日から授業が始まり、祝日も関係なく授業が行われます。

 

 

実践体験学習コース

実践体験学習コース

アクティブラーニングをベースとした学習方法。自分の興味のある「目的」ミッションを設定してそれに合わせて授業を展開していく。
短期間でも効果を実感できる。※毎週プレゼンテーションと実践体験が1-2回行われます。

 

 

親子留学コース

親子で留学。お子様がインターに通えるプランもあります。

 

 

目的に合わせて学べます

ESL(一般英会話)

11のサブジェクトから目的に合わせて授業を組み立て。レベル毎や目的設定シート、週次の進捗で最適化を図り、総合的な英会話力を伸ばす。

 

プレゼンテーション

必要に応じてプレゼンテーションの授業を行います。
堂々と話をするスキル、ロジカルにまとめるスキルを身につけていきます。

 

IELTS

Generalコース,ど短期コースをベースにIELTS授業を行います。2時間を上限として追加をする事が可能です。

 

ビジネス英会話

特定分野のビジネス英会話(専門的なものを除く)を学びたい場合も講師と相談をしながら、あなたに必要なビジネス英会話を学んでいきます。

 

トラベル英会話

実践体験学習でをは、トラベルイングリッシュを実践を通して学び1ヶ月でトラベル英会話の基礎を全て学びます。

 

ワーホリ準備

実践体験学習を選択された方は実践活動を通してワーホリに必要なスキルを習得。

  • 成果を出す仕組み
  • 授業の進め方
  • 講師の品質

成果を出す仕組み

1、とにかく英語で会話する機会が多い

もしも、英語漬けの環境に身を浸したいのならば、ゲストハウス校舎はとってもオススメです。
世界中からの旅人と一緒の時間を過ごすことになるので、世界中の英語にふれあい、世界中に友達ができるかもしれませんよ

メインキャンパスは、常に英語でスタッフとの交流が可能です。昼食を講師と一緒にとるためお昼の時間も会話を楽しみましょう。

2、マンツーマンをもっと増やしたい

もしも、ど短期留学コースを選択したのならば、祝日も関係なく授業を展開しますので、目一杯英語漬けになれます。
また通常コースでもオプションで祝日のレッスンが可能です。

3、祝日もレッスンをしたい!

もしもあなたが、ど短期留学コースを選択したのならば、祝日も関係なく授業を展開しますので、目一杯英語漬けになれます。
また通常コースでもオプションで祝日のレッスンが可能です。

4、入校日から即レッスンも可能

もしもあなたが、ど短期留学コースを選択したのならば、入校日から即レッスンを提供して1日も無駄にせずに留学を満喫。

5、講師と外出も可能

SPEAでは、制限はあるものの、講師とリフレッシュのために、授業後に外出をしながらコミュニケーションをとることも可能。
事前にオフィスに届け出てもらう必要があります。

 

1、7段階のレベルチェック

入学時に7段階レベルチェックを行い、現在の英語力を測定し、最適なレベルで授業を行います。
同時に、必要なスキルなどを分析して、授業の構成などもご提案可能。

2、目標設定シート

留学の目的とゴールの設定を、目標設定シートに記載して講師とともに共有を図ります。さらに自分のライフチャートなども講師と共有する事で、心の深いつながりを作り上げます。

3、バディー制度

バディティーチャーがあなたの専任をします。授業の進捗や生活の悩みなど、あなたのサポートをしていきます。

4、カウンセリング

学習進捗の不安、しかし先生に伝える事ができない。
そんな場合は、日本人スタッフがしっかりとカンセリングをして、みなさんの要望を汲み上げます。

5、自習コンテンツ

自習をより円滑に効果的にしていくためにSPEAで2つの提案をしています。

・マイディクショナリー
自分が日常で使うけれどもその場では英語ででてこない単語を日本で記入して後から英語でチェックしよう

・マイダイアリー
日々起こっていることを英語で日記を書いて、英語で考える癖を作ろう

6、会話が弾む仕組み

スピーキング(会話力)を重視しているからこそ思わず話したくなる仕組みを用意しています。

・雑誌を使って
自分の興味のある話題の時は会話が弾むもの
英語の雑誌を用意してあるので、雑誌を使って授業をするのも面白いですよ。

・board game
英語の学習とboard gameを組み合わせた面白い仕掛け

講師の品質

1、大卒者でコミュニケーション能力を評価

大卒者でコミュニケーション能力を評価講師の学歴に関してですが、大学卒業以上を採用しております。
また、採用基準として特に大切にしていることは、「コミュニケーション能力」があるかどうかという点に重きをおいております。「コミュニケーション能力」という点をさらに深堀すると日本人英語学習者にわかりやすく説明する能力として、いかにロジカルにわかりやすく説明ができるか?という点に注目をしています。

2、授業品質はマッチングが重要

授業品質はマッチングが重要私たちの学校の品質の考え方としては、生徒さんと講師のマッチングこそが品質を語る上でのベースとして考えています。
そもそも、私たちの学校は試験対策などのスコアをあげることを主目的としているわけではなく生きたコミュニケーションとしての英会話を学ぶことを主としているため、どのような授業を望んでいるのかそして、そのゴールをどこに設定するのか?というすり合わせを大切に考えています。

3、プロフェッショナルなコーチングを

プロフェッショナルなコーチングを当校校長の野田(認知科学、学習科学、コーチング、ファシリテーション専門)以下、ESLトレーニングのベテラン専門家、教育系のヘッドティーチャーがトレーニング制度を開発・維持し、新任教師のトレーニング、ベテラン講師の維持・改善トレーニングを実施しています。
また、日々日々全体ミーティングが行われており、最新の授業の進捗や生徒さんの進捗を共有する中で、生徒さんにあった授業の改善などを日々の流れでも共有をしております。

4、講師のスキル向上させていくために

講師のスキル向上させていくために毎週授業についての要望シートを徴収しております。
この歳に、授業の質、どのようなゴールでどのような目標を持って授業をしたいのか
その上で、現在どのような課題問題を抱えているかという点を必要に応じて任意で生徒様より報告をしてもらっております。卒業時に生徒さまに講師評価もいただいています。

 

 

PAGE TOP