【実践英会話】出川哲郎氏から学ぶ折れない心と英会話。

ほんとに少ない単語の中でいかに状況に合わせて運用していくかと言う能力に優れているかと思いました。
しかしながら皆さんはこのような英語力は求めていないと思います。

むしろ恥ずかしいと言うふうに思うのかもしれません。
まず初めに大切な事はこのようなレベルでもコミニケーションを取ろうとするようなことが極めて大切。

今ある単語の中で運用能力を高め、今あるものの中でどのようにして伝えたいことを表現するかということに挑戦する姿勢は極めて大切です。

このようなコミニケーションを取る中でどうしても伝わらない、伝わりづらいといったような表現は日本語でも構わないのでメモをしておいて後ほど英語で学習をすると言うような順序立って学べばいいと思います。

【留学中の裏技!】フィリピン留学の効果を実感!効果的で資産を作る2つの学習方法!

まず私たちにとってとても大切な事は英語を話をする際に完璧な文法完璧な発音と言うものにとらわれすぎて英会話のコミニケーションとしての本質を見失ってしまう目の前にいる人とのコミニケーションに怯えてしまうという状況を避けなくてはいけません。

その点ではこの出川哲郎氏のコミニケーションの仕方に関して言うと日本人の我々が極めて学ぶべきポイントが高いのではないでしょうか?

ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。 好きな言葉は、アインシュタインの"EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL"想像できることは実現する。 趣味は、音楽とツーリングと読書。最近はお香を焚きながら音楽を聞き、読書をすることにはまっている。 英語学校を作った理由としてあげられるのが、世の中に対する「怒り」からくるものだった。というちょっと熱血漢な人。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP