フィリピン留学成功の鍵「フィリピン人との付き合い方」

「フィリピン人との付き合い方」について
お話をします。

フィリピン留学をする上で、避けて通れないのは
フィリピン人を知るということ。

文化の違いはもちろんありますし、ときには衝突を
するなんてこともあるかもしれません。

文化の違い、言葉の違い、考えの違い。

同じ国の人でも誤解は生じる

同じ国の人や友達でも、誤解やすれ違いはありますよね。
ここに文化の違いが出てきたらそれは避けては通れない
ことにもなります。

でも、ですよ、悲観しないでください。
こういうことを乗り越えてこそ、グローバルマインドが
育成されるといっても過言ではありません。

では、フィリピン人はどういう考えなのかをみていきましょう。

フィリピン人3つの特徴

楽観的

フィリピンの人はとにかく毎日を楽しむ
ということを真剣に考えています。
わかりやすい例で言うと、幸せに対する価値観が
日本人と真逆なのです。

日本人は幸せを掴み取るために日々努力をして
我慢をするということが自然に行われています。
幸せって、我慢の蓄積で将来手に入るもの
そう考えている人も少なくないと思います。

でも、フィリピン人は違うんです。

毎日が幸せじゃなければ将来も幸せにならない。
そう、積み上げ算なんですね。
我慢を知っている日本人と、我慢をしないフィリピン人
この違いは大きな文化の違いと言えます。

時間にルーズ

これは、物理的に仕方がない部分があります。
日本では5分前行動が基本です。
これができるのは、公共交通機関など移動手段が
時間通りに利用できるから可能なこと。
でも、フィリピンでは公共交通機関が時間通りにいくという
ことは到底考えられません。
物理的な問題からも、遅刻などがあることは頭に入れておきましょう。

自分が大好き

日本人はどちらかというと、自分に自信がなく
控えめなことが美徳とされています。
だから、常に「自分はダメだ」「もっと頑張らなくちゃ」
という気持ちが働きます。

フィリピン人は、とにかく自分を尊重し大好きなのです。
自分に自信がある。自分には可能性がある、できると考えているのです。
自分を大切にするという点では見習うべきポイントかもしれません。
でも、それがときに日本人からすると「プライド高い」などのように
捉えられてしまうのは否めません。

日本人が欲しい「ずば抜けた明るさ」を持っている

大きく分けて三つの特徴を書きましたが、
フィリピンの人たちは、日本人にない「ずば抜けた明るさ」を持っています。
そして何よりも「繊細で気にかける」資質があり、おもてなしの心をもっています。

細かい文化は違いますが、基本的には日本人ととても似ているのかもしれません。
文化の違い、言葉の違いからストレスになり、繊細になりすぎてフィリピン人と
日本人を比べてしまったりなんてことが起こるのも留学ですが、ここはフィリピン
日本での尺度を捨てて、人として向き合って、誠実に付き合えば必ずどの国の人でも
仲良くなれるのが、コミュニケーション能力なのです。

コミュニケーション能力とは、言語の扱い方がうまいだけではありません、
文化の違いや性格の違い、などを乗り越えて相手を受け入れ、自分を打ち出すことが
本当のコミュニケーション能力。

その点でも、フィリピンで文化の違いに悩んだときは、文化を見直してみると
面白い気づきがあるかもしれません。

ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。 好きな言葉は、アインシュタインの"EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL"想像できることは実現する。 趣味は、音楽とツーリングと読書。最近はお香を焚きながら音楽を聞き、読書をすることにはまっている。 英語学校を作った理由としてあげられるのが、世の中に対する「怒り」からくるものだった。というちょっと熱血漢な人。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP