家族に感謝をすると、自分も幸せになる

VOL3幸せ先進国フィリピン!
〜そこでなぜ?〜
英語を通して幸せとは何かを探そう

VOL.3 人生の美しいものは全て無料である
Most beautiful things in life come for free
ー人生の中心の家族を大切にする考え方ー

日々のストレスフルな生活の中、皆さんはどうやって ストレスを発散していますか? ストレス社会の日本人、ストレスが溜まりに溜まってから ストレスを発散するという事の大切さに気がつくのだと思います。 いつしか、ストレスが当たり前になり、ストレスまみれを自然と 受け入れてしまう、そんなのが私たちなのかもしれません。 しかし、この幸せ先進国フィリピンでは私たちが考えもしない 方法でストレスを発散し、日々の幸せを追求しているのです。 さぁ、フィリピンの幸せ先進国の所以を見てみましょう!
SPEAさん
SPEAさん

強固な絆、家族の団結
フィリピンの不思議

前回お話をした、VOL.1 それは突然どこでも起こる、幸せの秘密
VOL.2 人生の歌を見つけ出せ。はご覧いただけましたでしょうか?

フィリピン人の「幸せに対しての考え方」は日本人とは全く異なった観点を
持っている事がわかりました。
日本人はどちらかというと、「幸せとは耐える事によって未来に得られるもの」
という考えですが、フィリピンでは「1日が幸せでなければ人生は幸せにならない」という
1日をとても大切に考えるという事が挙げられました。

家族のあり方
日本が忘れてしまった気持ちがあった

今回のお話は、フィリピン人が考える「家族のあり方」について
フォーカスをしていきたいと思います。
フィリピンは家族を一番大切にするという考えがあります。
日本ではすでに核家族化が進み、日本ではあまり馴染みのない考えになっています。
フィリピンから家族の大切さを学んでみましょう

なぜ?家族が中心なのか
この謎を追求してみた

インタビュアー 

幸せに対する考えで、日本人と関わる中で、「ここがちょっとフィリピンと違う」と言った何か違いを感じ取った経験ってありますか?
インタビュアー
インタビュアー

すみません。ストレートにいってもいいですか?
  「日本人はとてもわがまま」だと思いました。
TEACHER
TEACHER
なるほど、どういう事でしょうか?
インタビュアー
インタビュアー
本当にすみません。
もしかしたらひどい事を言っているかもしれません。
また、自分の考えが間違っているかもしれません。
ただ、私の感じた事をそのまま伝えさせてもらいます。
日本人は「家族に対して無関心」だなと思いました。
TEACHER
TEACHER
「無関心」ですか。なるほど。具体的に聞いてもいいですか?
インタビュアー
インタビュアー
例えば、私たちフィリピン人は家族をとても大切にしています。
だから、少しでも家族と距離ができてしまう場合、すぐに連絡をしてしまいます。
でも、生徒さんたちに「家族は元気ですか?」と質問をしても「わからない」「多分」
と言った反応が返ってくる事が多いのです。
この時に、どうしても私たちは理解をする事ができません
私たちは、家族をとても大切にしていて、人生の中心は家族だと思っています。
TEACHER
TEACHER

なるほどですね。確かに今の世代は家族とのつながりが弱いのはあるかもしれません
ただ、日本も昔は、大家族で絆が強い時代がありました、しかし時代とともに核家族化し
家族との距離が広まってしまったのもあるかもしれませんね。
インタビュアー
インタビュアー
それから、最初に言った、無関心という事ですが、
それに関連して「感謝」という気持ちが家族に対して薄いのだと思います
私たちは、全て母親から生まれ、家族の中で育ちます
今の自分があるのは、全て家族のおかげという考えを持っています
だからこそ、家族のために頑張りたい。家族にとても感謝をしています
TEACHER
TEACHER
家族に対しての感謝の気持ち
確かにそれはかけているかもしれません。
日本の場合、どうしても将来的な長いスパンで幸せや親孝行と考えます
将来お金を貯めて、親を楽にさせてあげたい
そういった考えがもしかしたら日本人の家族に対しての感謝の気持ちの表現
なのかもしれないですね
インタビュアー
インタビュアー
私は、家族に対しての気持ちとして「感謝」という言葉をチョイスしましたが
家族に対して「愛」を持っています。
愛とは、時間を過ごし、思い出を作ることだと考えています。
その過程の中で、産んでくれたこと、育ててくれたことへの感謝を噛み締めながら
生きていくため、今この一瞬で表現することが大切だと考えています。
TEACHER
TEACHER

なるほど。基本的な考えとして、日本とフィリピンでの幸せに関しての
考え方が違うというのは根本にありそうですね。
長期目線で掴み取るのが日本的な考え
積み上げていくことがフィリピン的な考え
もしかしたら、このギャップが日本人にとって心地が良いのかもしれないですね
このフィリピンという国が。
インタビュアー
インタビュアー
いくらたくさんのお金があっても、綺麗なものに囲まれていても家族がそばにいない、周りに友達がいないこれではとても寂しい気持ちでいっぱいになってしまいます。
であれば、貧乏でも常に家族と共に入れて笑顔で過ごせている人生の方がよっぽど幸せだという考えが私にはあります。
TEACHER
TEACHER

今の話をまとめていくと、幸せ=愛
愛とは他者と作っていくこと
でも、愛を作り上げるためには、話を聞く中では3つの要素があると思いました
   
思い出
時間
経済力
   
この中で、全ての要素がしっかりとはまらないといけないわけですが
ここで一番大切になるのは何になりますか?
インタビュアー
インタビュアー
経済力がない場合、それは家族の中で問題が起こり
喧嘩ばかりになってしまいます。
一番大切なことは、バランスです。
TEACHER
TEACHER
バランスを保つために具体的にどうしていますか?
インタビュアー
インタビュアー
バランスとは、たとえ5分でもいいので、愛情表現をすること
忙しくても、相手を気遣い、しっかりと感謝の気持ちを伝えることが
もっとも大切なバランスをとるための行為と考えています
TEACHER
TEACHER

なるほどですね。
日本人にはその点はもしかしたらかけているかもしれません
忙しい場合は、「忙しいから」というのが言い訳になっています。
インタビュアー
インタビュアー
私たちは、常に感謝の気持ちを持っています
生まれてこれたこと、そして今成長して存在していること
私たちは自分を誇りに思っています。
なぜなら、両親にとても感謝しているし、リスペクトしているからです。
ある意味では、自分を大切にすること、それが家族を大切にすることに
繋がっているのかもしれません
TEACHER
TEACHER
なるほど。それはとても興味深い。
自分を大切にするように、家族を大切にする
家族を大切にするからこそ、自分を大切にできる。
そういうことですね。
インタビュアー
インタビュアー
人生の中で、家族は一番中心のものです。
家族がいるから生まれ、家族の中で育ち、今存在しています。
だからこそ、幸せを語る上で家族はとても重要です。
常に家族のことを中心に考えて生活をしているため、家族のことをケアしない
と言ったようなことは、私たちには考えられないことなのです。
それから、最後にこれは私の一番大切にしている言葉なのですが

「人生の中で美しいものは全て無料である
-Most beautiful things in life come for free-」
という言葉があります。
自然や、愛、家族 これらは人生の中でもっとも美しいもの
この美しさに気がつくことが人生をカラフルにする秘訣だと思っています。

TEACHER
TEACHER

「人生の中で美しいものは、全て無料である」これは衝撃な言葉でした
物や、お金はいくら所有しても、壊れるし、新しい物が出て古くなる
そしていくらお金を貯めても、墓場までは持っていくことができません。
でも、今の話の中で出てきた言葉は、人が生きる上での一番大切なシンプルなもの
でも、この世に存在する中でこれ以上に価値のない物だということが
ダイレクトに伝わる言葉でした。
インタビュアー
インタビュアー

偉そうなことを言うわけではありませんが、私たちは生まれてきた理由は
家族がくれた物だと考えています。
家族がいたからこそ、生まれたこれた、チャンスをもらえたと考えています。
だからこそ、幸せになりたい。
ただただ、そんなことを毎日考えているだけなのです。
TEACHER
TEACHER
ありがとうございました。
とてもいい話を聞くことができました。
ちょっと、今からすぐに両親に電話してみようと思います。
インタビュアー
インタビュアー

 

今回のレッスンの中での会話で感じたことは「家族の素晴らしさ」ということを痛感しました
日本は核家族になり、家族の絆が希薄になったと言われますが、これも戦前戦後の日本、まだマンションなどが繁栄する前は
日本も大家族で絆が強いといった光景があったと聞きます。
フィリピンはもしかしたら、日本が過去に置き忘れてしまったものがたくさんある国なのかもしれないですね。
だから、居心地が良い。そんな感じを覚えました

【編集後記】

家族がいるから自分がいる。
家族に感謝をすることで、自分も大切にできる。
そして何よりも衝撃的だった
「人生の中で美しいものは全て無料である
-Most beautiful things in life come for free-」
という言葉。フィリピンは幸せ先進国だと心から痛感した。

授業中に書いた、人生においての大切なことバランス

 

 

 

英語の学習で一番大切な事は、「質問力」
質問力が上がれば、コミュニケーションの品質が上がる
コミュニケーションの品質が上がれば、価値観が変わる
価値観が変われば、未来が変わる。
未来が変われば、人生も変わる。

質問しよう、積極的に。
人生を変えよう、疑問から積極的に。

英語の勉強だけが全てではない、
活きた英語を学ぶには「質問力」が大切。

質問力を高めるためには、好奇心が大切
好奇心を養うためには、どんどん外に出て色んな文化に触れる事が大事。
Starting Point English Academyで学ぼう

ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。 好きな言葉は、アインシュタインの"EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL"想像できることは実現する。 趣味は、音楽とツーリングと読書。最近はお香を焚きながら音楽を聞き、読書をすることにはまっている。 英語学校を作った理由としてあげられるのが、世の中に対する「怒り」からくるものだった。というちょっと熱血漢な人。

PAGE TOP