【閲覧注意】フィリピン留学が徹底的に気になってしまう4つのお話 | フィリピン英語留学・ドゥマゲッティ語学留学SPEA

【閲覧注意】フィリピン留学が徹底的に気になってしまう4つのお話

 

第1章:ここは日本人にとって最高の楽園

イメージが先行して思考を止める頭の固い人は興味を持たないこの楽園

日本人にとって最高に羨む場所、それは
あのバナナで有名な「フィリピン」なのである。

「フィリピン」と聞いただけでも変なイメージをしてしまう人がいるかもしれない。
変なイメージをしてしまうのは、だいたい1980年代生まれ以降の人なんじゃないだろうか。
※ちなみに私も80年代生まれでこの国に関わるまでは偏見を持っていました。

そう「フィリピン」とは昔の我々がイメージをする、あのフィリピンが全てじゃない
この章では「フィリピン」のイメージを壊していきたいと思います。

すべてを訪れるには「19」年が必要
「7107」の島々からなる世界「2位」の群島国家

フィリピンという国には7107の島があるのをご存知だろうか?
7100が常に地中から顔を出しており、7つの島が引き潮時に顔を出すのです。

仮に1日一つの島を訪れたとしても、7101➗365日=19.47
実に19年かけてようやくすべての島を制覇できるのである。

何を言いたいのかというと、フィリピンとはこれだけの時間を費やしてこそ
初めて知ることのできる魅力が深い国なのである。

この国が持つ日本人が羨む「世界1」の強み

フィリピンが「世界1」になる背景には二つの要素が大きく関係していた

言語の数
群島国家であるフィリピンには実に200を超える言語が存在する
タガログ語を共通言語としながらも、地方言語としてこれだけの数の言語があるのは驚き

長年の侵略
フィリピンの歴史(フィリピンのれきし)では、フィリピン共和国の歴史を述べる。
フィリピン 史は先スペイン期、スペイン植民地時代(1565年-1898年)、
アメリカ合衆国植民地時代(1898年-1946年)、独立以後の時代(1946年-現在)に
大別される。

これらの「地理的」「歴史」的背景からフィリピンでは「英語」を取り入れるようになった。

歴史的背景から1位になった経緯

結果的にイギリスを抜いて「世界1」になった。
みなさん「ビジネス英語指数(BEI)」という言葉をご存知ですか?
これはアメリカ・カリフォルニア州に本社を置く、
オンラインのビジネス英会話学習ソフトを
提供するGLOBAL ENGLISH(グローバルイングリッシュ)の調査内容です。

ビジネス英語指標(BEI)とは、
非ネイティブスピーカーのビジネス英語能力を国別調査評価。

グローバル展開をしている企業が海外に進出、
拠点を築く際の一つの判断材料とされている。

TOEIC、TOEFLとどう違うの?

TOEIC、TOEFLの違いは?
TOEICはアジア地域に偏りがあるがBEIは幅広く調査対象を広げています。

しかし、BEIは世界78の国と地域、137,000人を対象に調査をしているため、
よりグローバルな比較が可能となっている。

ちなみに、英語を公用語としている国でも、
国内に英語の非ネイティブスピーカーがいるため、アメリカやイギリスなども調査対象に含まれている。

世界中で活躍をするフィリピン人

フィリピンの労働人口は約4100万人と言われており、
そのうちの実に4人に一人の1000万人が海外で活躍をしているフィリピン
これがなせるのも、優れた言語習得能力とコミュニケーション能力の賜物といえるでしょう

ほぼ100%の日本人が馴染み深いフィリピンのあの言葉

タガログ語
この言語はフィリピンの公用語
「はじめて聞いたよ」という方もいれば、聞いたことがある人ももいるかもしれない
しかし、どれくらいの人がタガログ語の単語を知っているだろうか?

実は私たち日本人のほぼ100%がこのタガログ語を知っているのである。
それを紐解くには少しだけ歴史を遡る必要がある

私たちは子供の頃からフィリピンと深く関わっていたのです。実は。
子供の頃、ほとんどの人が触り、遊んだことのあるあのおもちゃ

そして、その昔「スケバン」と「刑事」という題材のシンボルともなった”あれ”
ここで気がついた人は年代がばれてしまいます。

そう、YO-YO(ヨーヨー)こそ実はフィリピンが発明したものなのです。
そして私たちが誰しも知るこのヨーヨーという言葉は、
タガログ語で「COME BACK」という意味なのです。

ヨーヨーは武器だった

ヨーヨーはもともと400年前にフィリピンで武器として使用をされていました。
最長で20ft(6m)も伸びる武器だったのです。
ヨーヨーの先端にはスパイク(棘)が付いており、侵略をするスペイン人との
戦いで利用をされていたと言われています。

また、日本とフィリピンは最短距離で600kmしか離れておらず
なんとこの国には、
日本でも馴染みの深い「ゴーヤーチャンプルー」や「ラフテー」など
沖縄料理に似た食べ物があるところが日本の食文化とも多少の関係があったことを
感じさせます。

フィリピンと日本は意外にも相性が良いそんな印象を受けるエピソードと感じませんか?

 

 

第2章:アメリカを超えた留学先

今、多くの日本人がフィリピンを目指している

フィリピン「35000人」 アメリカ「21290」

スクリーンショット 2015-06-02 午後1.54.46

 

※参考:フィリピン留学普及協会、OECD「Education at a Glance」,ユネスコ統計局,IIE「Open Doors」,中国教育部,台湾教育部

この数字が何かわかるでしょうか?
これは、日本人がフィリピンへ「留学」を目的に訪れている数。
「英語」といえばアメリカを想像しますが、実にアメリカ留学の
実に1.5倍の日本人が「フィリピン」を目指しているのです。

その理由は「フィリピンへ留学」をする目的で、
このフィリピンには「日本人」が求める物、そして「日本人」の成功事例が
ある国でもあると言っても過言ではありません。

なぜフィリピン留学はそこまで日本人を魅了するのか?
今日本人の多くは国際競争力「英語」を求めています。
日本人の国際競争力にとって救世主となる場所がフィリピンであり、フィリピン留学
年々訪れる人数が増加するフィリピン留学。
一体どんな魅力があるのだろうか?
人によっては年間で数回もフィリピン留学へリピートする猛者もいる

日本人を魅了してやまない「フィリピン留学」5つのポイント

「安い」とにかく欧米の留学などと比べるとだいたい半額から1/3の費用で留学が可能
「近い」日本からフィリピンへは4時間半の時間で行くことが可能
「短期」通常留学というと長期間半年などを考えますが、フィリピンは1週間から可能
「上手」フィリピン人は第二言語として英語を習得しているので教えるのが上手
言ってみれば私たちの成功事例とも表現できるのではないでしょうか?

「親切」フィリピンのホスピタリティーの高さはシャイな日本人にとって最高の環境

ということが挙げられます。

いわゆる「安」「近」「単」「上」「親」=あんきんたんじょうしん
(an kin tan jou shin)です。

 

 

第3章:「大留学時代の幕開け」

すでに旅行感覚で留学に行く時代に突入している。遅れをとるな!

留学とは人生での一大イベント。
それが今の日本人が考えるイメージ
でもどうでしょうか?
フィリピン留学の安価で短期で可能というお手軽さは、日本人への留学に対する
考え方を大きく変えることになりました。
そう、すでに「留学」は「旅行感覚」で行く時代に突入しました。

いわゆる「大留学時代」の突入です。

旅行に行くか、「留学」に行くか?はさほど変わり無い

人は何かのタイミングで「旅」にでたくなります。
なぜ、旅に出るのでしょうか?

・自分を変えたい
・自分を磨きたい
・リフレッシュしたい

など、人は何かのタイミングがあり「自分」と向き合い成長したい場合に
刺激を求めて旅や旅行にでたくなります。

人はどのような時に留学に行きたくなるのだろうか?
留学とはどのような場合に行きたくなるのでしょうか?
それは「語学力」をつけたい

では語学力をつけるということはどういうことなのでしょうか?
語学力をつけることで何を求めているのでしょうか?

・海外で仕事をしたい
・外国の人と関わりたい
・仕事の幅を広げたい
・行動範囲を広げたい
・価値観を広げたい

という、自分自信の「今」を変えたい
という欲求があるように感じます。
これを一言で表すならば

世界に羽ばたきたい

そう、旅も語学習得も本当の自分と自由を求めた結果の行動でしかないと
考えられないでしょうか
私たちは昔から留学という行為を行っています。

洋の東西を問わず、古来より学問修行や見聞のための人間の移動は盛んに行われており、
とりわけ中世における大学の成立と発展は、民族・文化の異なる若者たちの留学に支えられてのものであった。
さらにルネサンス以降は、外国留学の教育的意義が強調されるようになり、
外国への旅行や留学によって教育は完成するとの考え方がルソーなどによって確立[要出典]され、留学する層も広がった。
抜粋Wikipedia

中世時代から、留学を通して異文化に触れ合い、教育を完成させる
すなわち自分自身の成長を図るということが行われていました。
留学とはただの語学習得にあらず、人格の形成にも影響を与えるといっても過言ではありません

 

 

最終章:本当に素晴らしい場所は情報が少ない
日本人が知らない楽園

日本人にはまだ知られていない
「ドゥマゲッティ」という場所を皆さんご存知だろうか?

名前の響きからすると、どこかスペイン的な響きを感じる、
歴史と重厚感を感じる名前。

名前からして、なんだかどきどきわくわくするような響き
茶色をベースとした街並み
石畳が敷かれ、街路灯があり、どこかノスタルジックかつ、情熱的な
そんなイメージをしてしまうのが「ドゥマゲッティ」の魅力
決して、手前味噌ではなく、世界的にも7番目に注目を集めている移住の地
ここには、欧米圏から多くの外国人が移住を目指し訪れています。

日本人にこそまだ知られていないものの、世界的には注目を集めている場所
だからこそ、フィリピンという国でありながら多くの異文化に触れることができるのも魅力
日本からわずか5時間足らずで来れる、ある意味では日本人にとって最高の留学地
それがこのドゥマゲテなのである。

さぁ、これを機に、旅行感覚で留学をしてみよう!

RECOMMEND
関連記事

ABOUT US
この記事を書いた人

SPEAライター

SPEA専属ライター。
フィリピン・ドゥマゲテの魅力・SPEAの学校について当ブログで発信していきます!

お困りなことありませんか?

お急ぎの方は
お電話ください

SPEA電話お問合せ

現地SPEA直通になります。
平日09:00〜18:00(土日祝日は除く)

LINEでお問合せ
学校資料を無料でプレゼント!

CONTACT

  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求
  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求