親子留学をするのに実際にかかる費用はどれくらい?失敗しないためにやるべきこと | ドゥマゲテ親子留学のSPEA | 実践体験を大切にする学校

親子留学をするのに実際にかかる費用はどれくらい?失敗しないためにやるべきこと

 親子留学の比較

留学と言えば、誰もがひとりで海外に行くと思ってしまいがちですが、現在では親子留学が一般的になっていることをご存知でしたでしょうか。子どもにもっと語学を学んでほしいと考えている親にとって留学は、とても良い選択ではあります。

しかし、子どもだけで海外に行くのは心配だし、なるべくはやく行かせてあげたい。

そう思ったときに親子留学という選択肢ができるわけです。

いざ親子留学をしたいと考えたときに、真っ先に気になることと言えばどれだけの費用がかかるのかではないでしょうか。ここでは親子留学の費用についてお話しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

そもそも親子留学とは何?

親子留学に関してまだわからないよ!っていう方はこちらをご参照くださいね。
英語を学びたいならフィリピンに親子留学するのがおすすめ!その理由とは

 

親子留学と言っても、実際にどういうものでどんな目的があるのでしょうか。親子留学とは、子どもだけではなく親(お父さんお母さん)と一緒に海外に行って、ホームステイや語学学校に通うことを表します。

子どもが10代後半になると、ある程度の判断は自分でできるため、ひとりで留学させるのはそこまで抵抗がないかもしれません。

しかし、まだひとりで留学できない年齢の子どもの場合、絶対に心配ですし親も一緒についていきたいものです。

また、留学と聞くと長期間の滞在をイメージしてしまいますが、親子留学は1日だけだったり1週間だけだったりなど、短い期間で留学することが可能です。子どもだけではなく一緒に行く親も語学を学べる環境にあるため、語学留学は今注目を集めているプログラムです。

 

子どもはどこで語学を学ぶの?

親子留学中の一コマ

では、実際に小さな子どもはどこで語学を学ぶのでしょうか。

子どもの留学先にもよりますが、現地の保育園や幼稚園、小学校などに通うのが一般的です。

また、その間に親も語学学校に通い勉強をするというわけです。

大人になると学ぶ機会が減ってしまいますが、このように子どもと一緒になって現地で勉強することはとても重要なのではないでしょうか。

旅行気分でもありますが、しっかり現地で勉強できる仕組みができ上がっているため、一石二鳥と言えます。

 

親子留学でかかる費用はどれくらいなのか

SPEAでの親子留学

親子留学をしたいと思っても、肝心な費用が予想以上に高いと実行することができません。

では実際に親子留学をしたときにかかる費用について見ていきましょう。

〇親子留学の費用の内訳について

実際に国内外問わず、旅行をする際には公共交通機関などの移動費をはじめ、飲食代、宿泊代が発生するということは想像にたやすいはずです。ですが、親子留学にかんして言いますと、プラスでスクール代などが発生します。それらをもとに、各国の費用について見ていきましょう。

 

親子留学でかかる国別費用

ボランティア後 集合写真

当然ですが、親子留学で行く場所によって大きく費用が異なってきます。ざっくりではありますが、ぜひ参考にしてみてください。

〇親子留学の費用カナダ編

旅行をはじめ親子留学のなかでも人気のあるカナダ。カナダ全体で見るとかなり広いですが、そのなかでもカルガリーやバンクーバー、トロントなどの大都市が人気を集めています。

カナダは基本的に英語で会話をするため、英語を学びたい人にとってはとても良い場所と言えるのではないでしょうか。親子留学で滞在期間が4週間程度であれば、50万円から80万円が相場となっています。

もちろん、どんな学校に通うのかだったり滞在スタイルによって費用は異なってきます。

 

〇親子留学の費用ハワイ編

ハワイと言えば誰もが知っている場所ということもあり、知名度はバツグンなエリアです。また、日系人が在住していたり日本人の観光客がとても多く、異国にいることを忘れてしまうほどです。もし、ハワイに親子留学をする場合の費用は、1カ月で約90万円~120万円くらいが相場となります。ハワイは以外にも治安は良くないので注意が必要です

 

〇親子留学の費用アメリカ編

海外旅行でかならず行きたい候補にあがるであろうアメリカ。なぜならアメリカは何もかもが新しく、時代の最先端を進んでいるからです。またアメリカは、アメリカンイングリッシュということもあり本当の英語を聞けることができます。

アメリカで親子留学をする場合の費用は、1カ月でおよそ80万円からとなっています。

 

〇親子留学の費用イギリス編

イギリスと言えばイギリス英語ではないでしょうか。英語発祥の地でもあるイギリスでは、本場の英語が学べるということもあり留学の場所に選ぶ人が非常に多い場所でもあります。イギリスは交通の便も良く、バスや電車でどこへでも行けてしまいます。

せっかくだし旅行も勉強もしたいというのであれば、イギリスはおすすめの留学場所と言えるでしょう。

イギリスで親子留学をする費用については、50万円~80万円くらいが相場となっています。

 

〇親子留学の費用ニュージーランド編

つねに治安ランキング上位に入っている、ニュージーランド。それは日本よりも治安が良いと言われており、親子留学をするにはとても安全な国でもあります。

ニュージーランドで親子留学をする場合の費用は、1カ月で40万円~90万円くらいが相場となっています。

〇親子留学の費用オーストラリア編

オーストラリアも旅行はもちろん、親子留学で人気のエリアです。日本とはほとんど時差もなく、自然がたくさんあるため子どもにとっても環境の良い場所で語学を学ぶことができます。またオーストラリアは犯罪も少なく差別の意識もほとんどないため、かなり過ごしやすいエリアと言っても良いでしょう。

オーストラリアに親子留学をする場合の費用は、1カ月で40万円~70万円くらいが相場となっています。

 

〇親子留学の費用フィリピン編

日本と比べると物価がとても安いフィリピンも、親子留学で人気のあるエリアです。なぜなら、比較的リーズナブルに親子留学ができるというメリットがあるからです。

フィリピンでは、幼児から小学生、高校生など小さな子どもでも親子留学が可能なため、はやい段階で語学を学ばせたいと考える親にとってはうってつけの場所と言っても過言ではありません。

そんなフィリピンの親子留学の費用ですが、1カ月で20万円~となっています。

カナダやアメリカ、オーストラリアなどと比較してもフィリピンがもっとも安く、親子留学しやすい距離というメリットがあります。

あくまで、親が1人子どもが1人での計算となりますが、時期や状況によっても費用は変わってきますので、参考程度にとどめておいてください。

 

親子留学をするベストなタイミング

親子留学の費用はだいたい理解できたと思いますが、実際にいつ頃行くのがベストなのでしょうか。もし子どもが小学校に上がる前であれば、あとは親の都合さえつけばいつでも親子留学ができます。

また、小学生になると基本的には学校があるため、夏休みなどの長期休暇を利用して親子留学をするのが基本です。しかし、子どもがあまりにも小さすぎて留学をしたことや語学を学んでいることを気づかないことがあります。

そのため、意思疎通ができる4歳~6歳くらいの子どもと一緒に親子留学をするのがおすすめです。

親子留学は費用がかかるからこそ、子どもも親もしっかり語学を学んで楽しんで帰りたいと思うもの。だからこそ、子どもの記憶がしっかり保てて、なおかつ時間に余裕のある年齢で親子留学をするのが良いでしょう。

 

■親子留学の費用まとめ

全国に親子留学をする国はありますが、場所によって環境も費用も随分異なってきます。

ですが、費用が安くて通いやすいフィリピンであれば、どこよりも気軽に親子留学ができるのではないでしょうか。

ブログの内容は皆さんの知りたい情報でしたでしょうか?皆さんの疑問は解決できたでしょうか?
もしもお役に立てた場合はSNSなどでご紹介いただけますと幸いです。また#SPEAで投稿いただけました場合、お礼のメッセージを送ることもございます。是非ともよろしくお願いいたします。

ブログでは書ききれていない情報もたくさんあります。ブログだけでは伝えきれないことがたくさんあります。
留学をご検討の皆様、もしも必要でしたら無料で留学のカウンセリングも実施していますのでお気軽にご相談を。
無理な営業やしつこい営業などは一切いたしませんのでご安心ください。皆さんにあった形を一緒に考えます。

LINEで無料留学相談はじめました

RECOMMEND
関連記事

ABOUT US
この記事を書いた人

松岡ヨシヒコ

ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。
2009年にフィリピンへと渡り日本初となる子供専門のオンライン英会話を立ち上げるところから始まる。2013年に同社の代表を退任し、アクティブラーニングを主力とした英語学校を設立するためにこのドゥマゲテへと降り立つ

好きな言葉は「EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL」想像することは実現する。

お困りなことありませんか?

お急ぎの方は
お電話ください

SPEA電話お問合せ

現地SPEA直通になります。
平日09:00〜18:00(土日祝日は除く)

LINEでお問合せ
学校資料を無料でプレゼント!

CONTACT

  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求
  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求