子育てに悩んだら「親子留学」をするという選択肢 | フィリピン英語留学・ドゥマゲッティ語学留学SPEA

子育てに悩んだら「親子留学」をするという選択肢

 

児童・生徒の自殺 昨年度は250 30年間で最多に

2018114 424

全国の学校で、昨年度、自殺した児童・生徒は250人に上り、この30年間で最も多かったことが文部科学省の調査でわかりました。

文部科学省によりますと、昨年度、全国の小中学校と高校から報告があった児童・生徒の自殺者数は、前の年度より5人増えて250人でした。

内訳は小学生が6人、中学生が84人、高校生が160人となっています。自殺の原因について複数回答でたずねると、「不明」が最も多く140人、次いで、卒業後の進路に悩むなどの「進路問題」が33人、「家庭不和」が31人、「いじめの問題」が10人などとなっています。

全世代の自殺者数はここ数年、3万人を下回るなど減少傾向にありますが、子どもたちについては高止まりしているのが実情です。

自殺総合対策推進センターの本橋豊センター長は「子どもの自殺の場合、遺書がないケースが多く、原因がわからないため対策が立てづらくなっている。まずは未然に防ぐよう、子どもたちのSOSをつかむ仕組み作りが必要だ」と指摘しています。”

[転載:]   NHK NEWS WEB

 

子供達が絶望をする社会大人たちができること。

希望がないとき、絶望になった時に死を選択すると思うのだけれども、本来可能性や希望しかない子供たちを絶望に追いやるこの構造は間違いなく道を踏み外しているわけですが、この背景にあるのは、愛情の対義語の無関心であるというところが本質的にあると思うんです。

これは「家庭」と「社会(学校)」が領域を明確に分けすぎていて、お互い「ボールを受け取ろうとしない(責任逃れ)」空白のエアポケットのようなものがあると思うんです。臭いものには蓋をするじゃないけど。

これを繊細な子供達が感覚として感じてしまっているから「いじめる側」にもなるし「いじめ」というものが発生するのだと。フラストレーションのはけ口を探すために。

 

分断するコミュニティー

この背景にあるものとしては、本来であれば、「家庭」と「社会」は密接点があって、私の経験上だと、学校の先生がこの領域に踏み込みんでいたり、地域の大人(近所のおじさんやおばさん)が踏み込んでいたり、親も教師の方へ歩み寄ろうと、全て子供を中心として、社会が歩み寄る、プロジェクト形式になっていたと思っている。

しかし、今はどうだろう。子供を育てるために、発注元と下請けのように境界線があって、そこでの責任を放棄しなすりつけるそんな構造になっている。この子育てに対しての社会の無関心化というものが起こっていると思う。

 

家族の大切さ

この背景にあるものはなんなのだろう。それはひとえに、大人における「余裕」というものがない。のではと推論している。私の経験では、1980年代、私が、幼少期を過ごした時は、「先生」は家庭の問題にも親身になって介入していたし、親も同時に先生へと歩み寄る姿勢がありました。これはやはり子育てを一人ではなくて、社会で行うという無意識下での感覚というものがあったのだと思う。

しかし、今の現状は核家族化やら、マンションのセキュリティシステムなどの強化など、個のプライバシーというものが確立されて、さらに「人様に介入するのはお人好しだし、面倒に巻き込まれる」というような風潮になっている。この感情背景にあるものも、また犯罪であったり(隣人トラブル/教師体罰など)不用意な面倒ごとに巻き込まれるのは損をする。ということなのですが、しかしながら、あまりにもいき過ぎたほどに、「子供」を腫れ物に触るようになっていること、そして親自身が、過敏になり過ぎていることが考えられる。「社会を信用しない、自分の身は自分で守る社会」という疑念と欺瞞で蔓延しているのだと。

これも、ひとえに愛情表現の一部なのだろうけれども、過敏だなと思う瞬間も多々ある。人が寛容であるためには、自己受容感や自尊心が大切になると思うのだが、これらが極度に低いと、子供に対しても自分の価値観や、自分の存在意義を投影してしまって、子供を過剰に保護したり、子供が怒られた時などに過剰に攻撃をしてしまうということになるのだと思う。

何れにしても、子供達の問題は、大人の問題でもあり、大人たちが心の余裕がない、寛容性がない、社会と繋がっていない(個の世界に没入)している、コミュニケーションを面倒と思っている。という現象からきているのだと思う。自尊心を守るために、不用意なことは言わない、不用意なコミュニケーションはしない。そんな境界線が太く広くなりつつある社会に問題があるんだろう。

 

フィリピンという国に一時逃げる選択

私はフィリピンで学校を経営しているが、フィリピンではいじめなどという話題はほぼ上がらない。フィリピンは貧しいかもしれないが、寛容性を持っていて、子供の個性をしっかりと受け入れて、社会(助け合い)の大切さを十分に熟知している。

経済的にも不安だからこそ、助けあうことで作り出している社会構造もあるわけだが、貧しくとも周りの大人たちに愛情を注がれ育ち個性を大切にしてもらっている子供達は表情も明るいし輝いている。

日本は経済も円熟し、自立独立ができ核家族になっているけれども、エッセンスとして余裕を持って、もっと人に助けてもらう、助けてもらってもいい。そんなコミュニティを知ること、感じることが大事なのだと思う。その点でもフィリピンという国を知ることは、体験することは一つのきっかけになるのではないかと思う。またそのほかにも日本での生活や子育てに限界を感じている場合は、一次逃避先としてのフィリピンという国はすごくマッチしていると思う。

 

是非ともこの記事も参考にしてみてください。
↓↓

【親子留学】 完全保存版!!お悩み解消!親子留学完全マニュアル

RECOMMEND
関連記事

ABOUT US
この記事を書いた人

CRAZY KENGO

CRAZY KENGO 又の名をアラフォーおっさん。ベトナムで日本語教師をし、カンボジアにも住み、フィジーに留学をし、ひょんなことからここドゥマゲテへ。
とにかく凄まじい行動力と洞察力で情報を瞬時にまとめ発信をし続ける行動力はすごい!

好きなものは「ハンバーガーとビール」一見すると強面とも取れなくないが、誠実かつ真面目。マイクを握らせれば美声を轟かせる、奥が深い人間。

食レポを中心に別Blogでも活躍中!
http://k031281.hatenablog.com/

お困りなことありませんか?

お急ぎの方は
お電話ください

SPEA電話お問合せ

現地SPEA直通になります。
平日09:00〜18:00(土日祝日は除く)

LINEでお問合せ
学校資料を無料でプレゼント!

CONTACT

  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求
  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求