【これでネグロス島の移動は大丈夫】セレスライナーで出かけてみよう! | フィリピン英語留学・ドゥマゲッティ語学留学SPEA

【これでネグロス島の移動は大丈夫】セレスライナーで出かけてみよう!

 アイキャッチ画像

ネグロス島は結構大きい島です。。たまにはドゥマゲテ以外の街にでも行って見たくなるものです。しかしどこ辺りまでがトライシクルで行ってくれる範囲かもわかりません。

そこで今日はネグロス島の移動といえば代表的なのが黄色いバス。そうセレスライナーを紹介します。
島内はいろんな所までを結んでいるネグロス島の代表的なバス会社です。

実は島内のバコロドにも空港はあるのだがドゥマゲテとバコロドを結んでいる航空会社はなくバスでの移動となります。そんなネグロス島。他の街に出かける入り口を紹介しよう。

 

セレスバスターミナル

 

セレスバスのターミナルは市内南部 ロビンソンモールの近くにあります。

セレスバスターミナル
セレスバスターミナル。黄色い建物が目印です。

入り口はこんな感じでトライシクルで乗り付けられます。

セレスバスターミナル正面
セレスバスターミナル。入り口までトライシクルで横付けできます。

もし、事前にバスの時間を知っていてギリギリだった場合は画像右側へ行ってみましょう。

右側の部分で車掌が乗車するのでひょっとすると間に合う可能性があるからです。

そうでない場合はまっすぐ進んでターミナル内へ入りましょう。

セレスバスターミナル 画像
ここをまっすぐ進むとバス乗り場です。

ターミナル内

 

ターミナル内は頭端式になっており頭からバスが入って止まっています。

セレスバスターミナル内部 画像
セレスバスターミナル内部。頭端式ホームになっています。

各地の行き先別になっているので自分の行きたい場所の名前を探す必要があります。

もし途中の街ならそのバスの人に〇〇まで行きたいと伝えると教えてくれるのでその答えに合わせるバスを選ぶ必要があります。

セレスバスターミナル内部路線図
ネグロス島北部マップ。これをみてどのバスでいけるか確認しています。
セレスバスターミナル南西部路線図
ネグロス島南部路線図。様々な街があり行き先も悩みます。

また、ネグロス島だけでなくここからセブ行きのバスも出ています。

 

バスの種類

 

日本だと長距離バスは1種類だがこちらは主に2種類のバスがあります。

そうエアコン付きのエアコンなしのバスです。エアコン付きの方が当然安いが暑いのです。何度か乗って見たがドゥマゲテ市内を出るまでは窓を開けても風があまり入ってこないので暑かった記憶があります。。

しかし、エアコン付きのバスにも注意点があります。それはエアコンの効きすぎで今度は寒いと感じる事があります。

特にセブなど長距離を走るバスだとなかなか止まることもなくその間エアコンが効きすぎる事もあるので何か1枚羽織れるものを持ち込んだ方がいいと思います。。

また、どちらのバスにもトイレは付いていないのでご注意を。

 

主な行き先

 

ネグロス島内の中距離・長距離をはじめセブなどに行き先を持っています。

ただ場所によっては途中で乗り換えをする必要がある場合があります。

主な行き先としては下記の通りです。

①Cebu セブ フィリピン第2の都市。隣の島になります。
②Bais バイス ドルフィンウォッチングが出来る街。
③Bacolod バコロド ネグロス島の大都市。バスで6時間半くらい。
④Bayawan バヤワン アポ島に行く際にバスを使います。終点はネグロス島南西部
⑤San carlos サンカルロス ネグロス島北東部。シパワイ島へ行くときに経由地になります

①セブ

②バイス

③バコロド

④バヤワン

⑤サンカルロス

 

 

また、バスのチケットは車内で買う必要があります。行き先を伝えると値段を教えてくれるので払いましょう。

 

出発前にお腹が空いたら?

 

出発前にお腹が空いてたらバスターミナル内にセレスマートというコンビニがあります。

セレスマート画像
セレスマート。セレスバスターミナルにあるコンビニです。

ここではスナック類や飲み物やパンが売ってます。

セレスマート スナック類 画像
セレスマート。スナック類も売っています。
セレスマート 飲み物
セレスマート。冷たいドリンクも売っています。
セレスマート パン売り場画像
セレスマート。パンも売ってます。
個人的にはTuna Pandesal 25PHP(約50円)がお気に入りです。

 

またバスターミナルを背にして右側にマクドナルドがあるのでここで腹ごしらえをしておくのも一つです。

セレスバスターミナル横 マクドナルド画像
マクドナルド。ここで食べるのも一つです。

あとは行き先のバスに乗って出かけるだけです。

きっといい旅になりますよ!

RECOMMEND
関連記事

ABOUT US
この記事を書いた人

松岡ヨシヒコ

ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。
好きな言葉は、アインシュタインの"EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL"想像できることは実現する。

趣味は、音楽とツーリングと読書。最近はお香を焚きながら音楽を聞き、読書をすることにはまっている。

英語学校を作った理由としてあげられるのが、世の中に対する「怒り」からくるものだった。というちょっと熱血漢な人。

お困りなことありませんか?

お急ぎの方は
お電話ください

SPEA電話お問合せ

現地SPEA直通になります。
平日09:00〜18:00(土日祝日は除く)

LINEでお問合せ
学校資料を無料でプレゼント!

CONTACT

  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求
  • 電話でお問合せ
  • LINEでお問合せ
  • 30秒で完了。無料で資料請求