実践体験を通して、スピーキング力を徹底的に伸ばします。

お金が一切かからずに、簡単に英語を習慣にする発明!

どうやって英語の勉強をしようか!?

FACEBOOKでもおなじみのSPEAスタッフTAKUYA
英語が堪能な彼はどのようにして英語を学んでいるのでしょうか?
彼のモットーは「英語はつかってなんぼ」「会話をたのしんでなんぼ」

松岡
Takuya 今日は時間ありがとうね。
さっそくだけど、Takuyaはどうやって英語を勉強しているの?

Takuya
オススメの英語勉強方法は独り言をつぶやくことです。
1日の終わりに今日あった出来事を英語でつぶやいてください。

松岡
え、独り言!たしかにTakuyaは何かあると独り言をぶつぶつ言っているよね。

Takuya
はい。日本語で一人ごとを言う時って真剣に考えている時だと思うんです。これを英語でやるのは結構難しいんですよ

松岡
へー、そうなんだ。一般的には独り言ってなんか孤独で恥ずかしいイメージがあるけど..

Takuya
いやいや、独り言はいい英語の勉強になりますよ。
日本語では説明できるけど、英語では説明できない箇所が出てくるはずです。

松岡
なるほど。自分がわからない単語をあらわにする!
その単語は自分が使いたい、表現したい単語だもんね。

takuya
そうなんです。そのわからない単語や言い回しを辞書や参考書で調べると、より日常で使う英語のボキャブラリーを増やすことができます。

といいますのも、単語帳や文法書などを使って英語を勉強しても実際に使う機会がないとどうしても定着に時間がかかります。

松岡
なるほど。そうだね。その通りだと思う。
私たちって、英語の学習をする時に教科書に沿って勉強をするけど実際に教科書で出てくる表現って必ずしも自分が頻用する単語とは限らない。

俺はこういうのを運用しない、塩漬け単語と呼んでいるんだけど、こういうのは不要だよね。

Takuya
まず最初に必要なのは自分の生活で使えるよう、生きた英語を身に付けるために、普段の生活を英語で説明できるようになることがとても大事なことです。

知識だけあっても使えなければ、使う機会がなければ意味ないですからね。

松岡
確かにその通り。
英語は使ってなんぼだし、会話を楽しんでなんぼ。
英語は知識をためて、運用をしなくちゃいけない。
お金といっしょなんだよね。溜め込むのではなくてどんどん運用することでいろんな体験や経験が出来たりするしね。

Takuya
そうですね。なのですぐにでも使いたい単語。
自分が必要に迫られてる単語をあらわにする作業として独り言はオススメです。
これは日本にいながらでもすぐにできる簡単な方法です。

 

ちなみにSPEAでは、毎月授業を飛び出してこんなイベントをしています!独り言の成果を思いっきり楽しみながら試してみよう!

「使ってなんぼ」「楽しんでなんぼ」

 

 

ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。 好きな言葉は、アインシュタインの"EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL"想像できることは実現する。 趣味は、音楽とツーリングと読書。最近はお香を焚きながら音楽を聞き、読書をすることにはまっている。 英語学校を作った理由としてあげられるのが、世の中に対する「怒り」からくるものだった。というちょっと熱血漢な人。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP