日本人の英語が苦手な理由は、英語以前の問題だった!?

どうして僕たち、私たちは英語にアレルギー反応があるのだろう?

本当に英語が話せるようになったら、海外でたくさんの友人に囲まれて楽しくすごせるのか?
もしくは職場において、外国人の人たちとコミュニケーションが円滑に取れるのだろうか?
旅行に行った時に困らないのだろうか?

結論はNO。その理由は英語が話せる以前の問題に私たちには解決しなくてはいけない課題があるのではないかというお話

 

松岡
Takuya今日もインタビューなんだけど.
Takuya的に英会話において何が大切だと思う?

takuya
僕が英語を使う上で1番大事だと思っている事は気持ちです。

松岡
おおー、気持ちですか!
多分、これを読んでる人たちから、「いやいやそんな根性論とか気合いとかそういうのいらないよ」という声が聞こえてきそう。

でも俺も同意です。だって「聞くだけでしゃべれる」とかそういう裏技的なことに時間を使うよりも喋りたい、つたえたいという思い(目的)がないと続かないもんね。

Takuya
そうなんですよ。それから、僕が思うのは、多くの日本人は自分が英語でしゃべった後に聞き返されると、自分が間違った英語をしゃべったから相手が理解できなかったんだと感じると思います。

松岡
はいはい、よくある話だね、留学生もこれが立て続けに起こると若干挫折するらしいし。

Takuya
そうですよね!でもそれって英語として考えているからであって例えば、普段日本語で会話をしている時にも聞き返される事は多々あると思います。

日本語でもうまく伝わらないことがあるのに、英語だとそれを素直に受け止めらず、ネガティブに捉える傾向があります。

難しく考えずに日本語で会話をするときと同じように会話を楽しむ気持ちが1番大事だと私は思います。

松岡
わかる!そう、日本人は英語となると全てに対してネガティブに心が働く傾向がある!

Takuya
私は日本語教師をしていますが、完璧な日本語が何なのかはわかりません。

日本語の歴史を振り返ってみても言語とは時代を追うごとに常に変化していきます。また使う人の年代や性別性格によってそれぞれがそれぞれの日本語を使って話しています。

松岡
そうだよね。Takuyaは日本語教師として、外国人に日本語おしえているもんね。

Takuya
日本語は日本でしかはなされていないのに比べて英語は世界中で話されています。そのことを踏まえると完璧な英語と言うものは日本語に比べて色が敷居がだいぶ下がるのは明らかでしょう。

松岡
確かに。

Takuya
完璧な英語を話す事を目指さずに、英語はコミニケーションの道具でしかないと言う認識をもつことが私は大事だと思います。誰が言ったか、何を言ったか。

ここがコミニケーションにおいて大事なポイントだと私は考えています。

松岡
コミュニケーションって、質問と発言の連続じゃない?
だからこそ、質問をたくさんする=興味がある。という図式になるんだけど、実はこれが一番大切で、英語のみならずコミュニケーション全般で必要だよね。

質問することは悪いことじゃない!話の腰を折るのは失礼という日本の考えがもしかしたら働いているのではと思うことがあるよ。

Takuya
そうですね、しかし、僕が日本語を教えている時は、みなわからないことがるとどんどんと恥ずかしがらずに質問をします。

僕はこういうところが語学学習をする上で日本人が欠けているところだと思っています。

松岡
すごくよくわかるよ。なんでだろうね。ただ、俺たちは学校の授業で、当てられて答えられなかった時に、なんか恥ずかしい思いするとか、そんな印象が強く残っているんだよね。

でも、社会に出たらそうじゃない。ましてやグローバル社会では質問をしない、意見を言わないということは同意した(理解した)ということと同意だもんね。

Takuya
そうなんです。だからただ英語を学ぶだけではなく、心持ちも同時に学び、日本人が抱えるある種のコンプレックスや苦手意識も打ちくだく作業になっていくので、たくさんの学びがあると思います。

松岡
全く同意。

だから留学は人生観が変わると言われているよね。

もちろん異文化間での特別な体験もそうだけれども、英語の学習を通して特にコミュニケーションとしての英語を学ぶ時に、それは自分自身のマインドセットをし直す作業でもあるからね。

 

 

生徒さんはどのような心境の変化があるのでしょうか?
一番わかりやすいのは実際に体験した人の生の声を聞くこと。
ということでしたの動画で生徒さんの心境の変化を聞いてみよう

ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。 好きな言葉は、アインシュタインの"EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL"想像できることは実現する。 趣味は、音楽とツーリングと読書。最近はお香を焚きながら音楽を聞き、読書をすることにはまっている。 英語学校を作った理由としてあげられるのが、世の中に対する「怒り」からくるものだった。というちょっと熱血漢な人。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP