アイキャッチ画像

【子供の遊び場】ドゥマゲテ プレイランドまとめ

子供を遊ばせたいけど、外だと暑いですね。そんな時にどこで遊ばせたらいいかって悩みますよね。
今日はドゥマゲテのプレイランドをまとめてご紹介します。

City Mall

city mall外観

ドゥマゲテ市内北部にあります。空港やSPEAから一番近いモールです。

City Mallにはスーパーの向かいにプレイランドがあります。
比較的新しい場所のせいか他の場所と違ってあまり混んでいないイメージがあります。
ここには小さな滑り台や遊具が揃ってます。

City Mallプレイランド。

City Mallプレイランド。広々としています。

City Mallプレイランド

 

City Mallプレイランド

30分90PHP(約180円) 1時間150PHP(約300円) 時間制限なし200PHP(約400円)です。

またスーパーの近くには日本の遊園地などにある動物型の乗り物もありました。

動物型乗り物

日本の遊園地などにある動物型の乗り物。これで遊ばせるのもいいですね。

Lee Plaza

Lee Plaza外観

Lee Plaza外観。ダウンタウンにあります。

一番上の階のフードコートやおもちゃ屋の奥にあります。

Lee Plazaプレイランド

Lee Plazaプレイランド外観。フードコートの奥にあります。

Lee Plazaプレイランド

ガラス張りになってます。個人的には他より少し狭い感じがします。
ここは平日と週末で値段が変わっており下記の表をご覧ください。

Lee Plaza
  月曜日〜金曜日 土曜日〜日曜日・祝日
30分 55PHP(約110円) 60PHP(約120円)
1時間 70PHP(約140円) 80PHP(約160円)

 

Hyper mart

ここはスーパーの入り口を入ってまっすぐ行った所にあります。

Hyper martプレイランド

Hyper martプレイランド。ここが一番広いです。

右手がフードコートです。
ここが一番スペースとして大きいと思います。
遊具としてはシーソーや大型の滑り台 大きなブロックもありました。

Hyper martプレイランド

Hyper martプレイランド

値段なのですがここは月曜日から木曜日までの値段と金曜日から日曜日までの値段にわかれています。詳しくは下記の表をご覧ください。

Hyper mart
  月曜日〜木曜日 金曜日〜日曜日
30分 40PHP(約80円) 50PHP(約100円)
1時間 70PHP(約140円) 80PHP(約160円)
succeeding hours 50PHP(約100円) 50PHP(約100円)
時間無制限 150PHP(約300円) 170PHP(約340円)

Robinson Mall


ロビンソンモールは1階の端(本屋やピザ屋さんの近く)にブロック専用コーナー

Robinson Mallブロックコーナー

Robinson Mallブロックコーナー。

その奥にトランポリン専用コーナーがあります。

Robinson Mallトランポリンコーナー

Robinson Mallトランポリンコーナー。ブロックスペースとは別になります。

ブロックは30分85PHP(約170円) 時間無制限125PHP(約250円)です。
トランポリンは20分65PHP(約130円) 30分85PHP(約170円) 1時間130PHP(約260円)です。
平日のみ時間無制限200PHP(約400円)の設定があります。

また、空気で膨らませている大きな滑り台がJollibeeとKFCの間に置かれており無料の遊具だと思われます。

無料滑り台

KFCとJollibeeの間にあります。

 

ただ誰かが見ているわけではないのでお子様のみで遊ばせるには注意が必要と感じました。

全員に無料プレゼント!
簡単1分で留学に役立つ資料をGETしよう!

 

  1. 全員に無料プレゼント!単身者向け留学パンフレット(15P)
  2. 親子留学向け留学パンフレット(16P)
  3. 旅のしおり(16P)
  4. 完全乗り換えマニュアル(11P)


フィリピン留学を考えている人必見のフィリピン留学完全マニュアル!
フィリピン留学の歴史や、フィリピン留学の動向、そしてフィリピン留学成功の秘訣などなど
留学を検討する人にとって役に立つ、ここだけの情報をまとめてみました。

 

松岡ヨシヒコ ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。 好きな言葉は、アインシュタインの"EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL"想像できることは実現する。 趣味は、音楽とツーリングと読書。最近はお香を焚きながら音楽を聞き、読書をすることにはまっている。 英語学校を作った理由としてあげられるのが、世の中に対する「怒り」からくるものだった。というちょっと熱血漢な人。

  1. アイキャッチ画像
  2. アイキャッチ画像
  3. アイキャッチ画像
  4. アイキャッチ画像
  5. アイキャッチ画像

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP