【実践検証】日本からドゥマゲテまで最速で何時間で行けるのか?

【実践検証】日本からドゥマゲテまで最速で何時間で行けるのか?

日本からフィリピン ドゥマゲテまでの移動時間が気になる方も多いかと思います。

特に子供連れだと乗り換え時間も気になりますし、乗り換え時間が長いと退屈するのは単身者も同じかと思います。

通常マニラ経由で来られる場合マニラで1泊される場合が多いのですがセブ経由だと同日乗り換えが様々な航空会社利用でできることが判明致しました。

そこで実際にセブ経由で来ると最速どれくらいの時間がかかるか実践検証してみました。

 

セブ経由で同日乗り継ぎできる空港

 

セブから日本に就航している場所は東京(成田)・中部国際・関西空港の3つがあります。この中でセブからドゥマゲテのフライトに間に合うのは東京のみになります。

中部国際空港や関西空港からも就航していますがその日のドゥマゲテ最終便に接続できるのが東京からの飛行機になります。

というのもセブからドゥマゲテの最終便が曜日によって変わりますが16時もしくは18時50分になっているためです。セブでは入国審査もあるため出発時間の90分前までには着いておきたい所です。またセブで荷物の税関検査も受けるので時間には余裕が欲しい所です。

 

どの飛行機の便なら同日乗り継ぎが可能なのか?

 

セブからドゥマゲテの飛行機の時間は曜日によって変わります。そこも踏まえて下記の表に当てはまる便なら同日乗り継ぎが可能です。ただし、注意して欲しいのがスケジュール通りに到着した場合になります。というのもセブからドゥマゲテはセブパシフィック航空の子会社での運航のためLCC扱いになります。乗り遅れた場合など保証がない事が予想されるので注意が必要という事になります。

飛行区間 出発時間 到着時間 飛行時間 航空会社 出発曜日
東京(成田) → セブ 09:35 13:35 5時間 フィリピン航空 毎日
  10:00 14:15 5時間15分 バニラエア 毎日
  11:55 16:05 5時間10分 セブパシフィック

火・木・土・日のいずれか

3日もしくは4日
(スケジュールによって変更されるため要確認)

セブ → ドゥマゲテ 16:00 16:50 50分 セブゴー 月・水・金
  18:50 19:40 50分 セブゴー 火・木・土・日

 

この表からもわかるように東京を午前中に出発するフィリピン航空かバニラエアもしくはセブパシフィック航空が同日乗り継ぎが可能です。ただセブパシフィック航空は毎日の就航ではないので航空券手配時に確認が必要です。またセブ空港はマニラ空港みたいには大きくないため乗り換えがし易いというのも特徴です。またターミナルが2018年6月7日現在 1つしかないため乗り継ぎが難しくないのも特徴です。しかもセブパシフィック航空での乗り継ぎだとドゥマゲテまで最速8時間40分で着く事が出来る事がわかりました。

セブパシフィック航空 画像

同日乗り継ぎ最速便はこのセブパシフィック航空になります。

 

実践してみた

 

先日 弊社代表の松岡が東京からセブ経由でドゥマゲテに来た際にセブパシフィック航空の同日乗り継ぎ便を利用してもらいました。

本人もびっくりしていたのですが東京からの飛行機が遅れて出発したのにセブに早く着いたのです。

実は飛行機の出発時間とは「飛行機の前輪が動き出す時刻」とされています。プッシュバックのこともあれば最初からエンジンで前進することもありますが、いずれにせよ駐機場を離れ始めた時刻、ということになります。離陸時刻ではありません。

また到着時刻とは、「飛行機が駐機場で完全に停止した時刻」とされています。着陸時刻ではありません。空港混雑などで滑走路からゲートまで時間がかかることがありますが、それも「地上走行中」とみなされ運航中の扱いです。

ですので離陸までと着陸してからの時間が短ければ予定より早く着く事が可能なのです。また空港が混んでいない場合だとより乗り継ぎやすくなる事がわかりました。

これは余談なのですがドゥマゲテ空港にも20分早く到着し、この日は8時間20分(乗り継ぎ時間を含む)で東京からドゥマゲテまで来れました。

では、注意点などがないか確認していきたいと思います。

 

セブ乗り換えの注意点

 

以前にこのBlogでもご紹介しましたがセブ乗り換えには注意点があります。

というのもセブからの飛行機が小さい+プロペラ機のため預け荷物の制限が東京からセブまでとは変わってしまうという所です。

東京からセブは航空会社の条件でも変わりますがおおよそ20kg預ける方が多いかと思います。

ですがセブからドゥマゲテは預け荷物制限が15kgまでとなりそれ以上は1kgあたり200PHPかかります。

セブパシフィック航空 ATR72

セブからの飛行機はこのようなプロペラ機になります。

荷物の詳細条件については下記のBlogを参考にしていただければと思います。

【フィリピン乗換でドゥマゲテ】マニラ経由 セブ経由 メリット デメリット

https://sp-ea.com/area/11230.html

 

マニラ経由だと同日乗り継ぎは出来ないのか?

 

マニラ経由でドゥマゲテに来る場合、同日乗り換えも条件によっては可能です。

まず夜行便(夜中に飛ぶ飛行機)を利用すれば同日乗り継ぎは可能です。ですが夜行便の場合寝れなかったりする可能性もあります。この場合は朝方マニラに着きますので国内線へ接続しやすくなっています。

 

ではセブ経由と同じような条件ではどうでしょうか?

 

マニラからドゥマゲテの最終便はマニラ空港が14:55のセブパシフィック航空が最終便となります。通常セブパシフィック航空の国内線チェックインの締め切り時間が出発の45分前となっています。その時間までにはチェックインを済ませる必要があります。という事は14:10までにチェックインを済ませなければならないという事になります。その条件で探した所可能性があるのが下記の便になります。

 

中部国際空港  9:35発 マニラ空港 12:40着 フィリピン航空

関西空港    9:55発 マニラ空港 12:55着 フィリピン航空

 

ただし、この2つはマニラ空港には第2ターミナルに到着します。しかし出発するセブパシフィック航空は第3ターミナルのためフィリピンに慣れた方でも少し難しいと思います。となるとマニラからの同日乗り継ぎは無理ではないがオススメは出来ないとなります。

 

まとめ

 

深夜便利用以外での同日乗り継ぎはマニラ経由だと難しい事がわかります。ですが東京からセブ経由ですと同日乗り継ぎが可能です。

しかもフィリピン航空 バニラエア セブパシフィック航空と航空会社の選択肢も多く乗り継ぎも難しくないのが嬉しいところでもあります。タイミングによっては8時間40分より早く着くこともあります。またセブパシフィック航空だと東京の出発時間が11:55のため時間もゆっくりして使いやすい事もメリットだと思います。ただし預け荷物の制限が少し変わるので荷物が少ない方には特にオススメです。

 

東京から同日乗り継ぎで来れるドゥマゲテ。これなら気軽にドゥマゲテまで来れる事がわかりました。これを使って気軽にフィリピン ドゥマゲテに留学してみませんか?

全員に無料プレゼント!
簡単1分で留学に役立つ資料をGETしよう!

 

  1. 全員に無料プレゼント!単身者向け留学パンフレット(15P)
  2. 親子留学向け留学パンフレット(16P)
  3. 旅のしおり(16P)
  4. 完全乗り換えマニュアル(11P)


フィリピン留学を考えている人必見のフィリピン留学完全マニュアル!
フィリピン留学の歴史や、フィリピン留学の動向、そしてフィリピン留学成功の秘訣などなど
留学を検討する人にとって役に立つ、ここだけの情報をまとめてみました。

 

CRAZY KENGO CRAZY KENGO 又の名をアラフォーおっさん。ベトナムで日本語教師をし、カンボジアにも住み、フィジーに留学をし、ひょんなことからここドゥマゲテへ。 とにかく凄まじい行動力と洞察力で情報を瞬時にまとめ発信をし続ける行動力はすごい! 好きなものは「ハンバーガーとビール」一見すると強面とも取れなくないが、誠実かつ真面目。マイクを握らせれば美声を轟かせる、奥が深い人間。 食レポを中心に別Blogでも活躍中! http://k031281.hatenablog.com/

  1. アイキャッチ画像
  2. アイキャッチ画像 トライシクル
  3. セブ空港からドゥマゲテまでの行き方をまとめてみた
  4. アイキャッチ画像

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
お問い合わせ・無料資料請求