アイキャッチ画像

【フィリピン乗換でドゥマゲテ】マニラ経由 セブ経由 メリット デメリット

フィリピン ドゥマゲテへ来る場合、フィリピン国内で乗換をする必要があります。
主にフィリピンの首都マニラかフィリピン第2の都市セブを経由する事が多いです。
どちらもそれぞれメリット デメリットがあるので今回はそれを比較してみました。

2018年7月追記あり。

フィリピンの首都 マニラ経由の場合

 

マニラ経由の場合のメリットは就航便数と場所が多い点が一番です。
日本からなら東京(羽田空港・成田空港)名古屋(中部国際空港)大阪(関西国際空港)福岡(福岡空港)から直行便が出ています
また直行便を出している航空会社も多いのが特徴です。
さらには毎日運行されている場所も多く移動のチャンスが多いのも特徴です。
また。他の国を経由して行くことも簡単です。
直行便就航を一覧にまとめてみたので参考にしてみて下さい。

  フィリピン航空 セブパシフィック航空 ジェットスター航空 デルタ航空 全日空 日本航空
羽田空港 毎日2便 なし なし なし 毎日 なし
成田空港 毎日2便 毎日2便 毎日 毎日 毎日 毎日2便
中部国際空港 毎日 毎日 月・水・金・日 なし なし なし
関西国際空港 毎日2便(1便は台湾経由) 毎日 月・火・木・金・土・日 なし なし なし
福岡空港 毎日 火・木・日 なし なし なし なし
ANA 画像

日本を代表する航空会社。マニラ空港には第3ターミナルに着きます。

また最近では第3ターミナルの向かいとも歩道橋で繋がったのでマリオットホテルをはじめとするワールドリゾートマニラへも徒歩で行けるようになりました。

ワールドリゾートマニラ イメージ画像

第3ターミナル向かいにあるワールドリゾート。中にはカジノも入ってます。

空港で宿泊する場合やワールドリゾートマニラでの宿泊記事を参照下さい。

【マニラ乗換宿泊情報】マニラ乗換えが安心できる3つの宿泊情報!

ワールドリゾートマニラでの宿泊

【マニラ滞在が便利になった】第3ターミナルから連結したワールドリゾートに宿泊して見た

 

マニラ空港のデメリットはターミナルがそれぞれ繋がっておらずバスかタクシーにて乗り換える必要がある部分です。

各航空会社到着ターミナルはこんな感じです。

日本からの便は
ターミナル1が日本航空 ジェットスター航空

Jetstar イメージ画像

このカラーリングなら第1ターミナルへ着きます。

ターミナル2がフィリピン航空

フィリピン航空 画像

フィリピンのフラッグシップ会社。アメリカやヨーロッパまで飛んでいます。

ターミナル3が全日空 デルタ航空 セブパシフィック航空 です。

セブパシフィック 画像

セブパシフィック航空は機体にCebu Pacificと書いてあります。

ドゥマゲテへ向かう場合は第3ターミナルへ向かう必要があります。
ドゥマゲテ行きの飛行機はフィリピン航空・セブパシフィック航空。二社ともに第3ターミナルから出ます。

 

また空港以外の場所に宿泊する場合渋滞などで時間が読むにくいのもデメリットと言えます。

空港での乗り換えは下記のblogを参考にして下さい。

【マニラ経由ドゥマゲテ乗換】マニラ空港で円滑に乗り換えをするためのおさらい

 

フィリピンの第2の都市 セブ経由の場合

 

セブ経由のメリットはビーチリゾート!
首都のマニラと違ってビーチリゾートのため観光ながら来たり帰れたりします。
また、空港がマニラみたいに何個もターミナルがないので乗り換えが簡単です。
一方、直行便の就航都市や本数はマニラより劣ってしまいます。ですが韓国経由になると本数もあり、LCCも就航しております。

日本からの就航都市や航空会社は以下の通りです。

  フィリピン航空 セブパシフィック航空 バニラエア
成田空港 毎日2便 毎日 毎日
中部国際空港 水・土・日 なし なし
関西国際空港 毎日 なし なし

成田空港からはLCC(Low Cost Carrier)のセブパシフィック航空やバニラエアが飛んでいますが中部や関西からはフィリピン航空しかないのも欠点です。

バニラエア 画像

バニラエア。セブへ日系LCCで就航しているのはここだけです。

またフィリピン航空は1個につき23kgを2個預ける事が出来ます。バニラエアもコミコミバニラなら20kg1個まで預ける事が出来ます。

2018年7月より国際線は第2ターミナルへ移動しました。

そのため国内線は第1ターミナル 国際線は第2ターミナルの利用となっています。

国際線から国内線への移動はシャトルバスが10分毎に出ています。歩いての移動も可能です。

乗り継ぎには以前より時間がかかるようになっておりご注意下さい。

また第2ターミナルの空港使用料が以前の750PHPから850PHPへ変更されていますのでこちらもご注意下さい。

 

マニラ乗換とセブ乗換の違い

 

セブ乗り換えは注意点があります。
セブからドゥマゲテはセブゴー(セブパシフィックの子会社)という航空会社のみ運行してます。
この飛行機がプロペラ機のため事前の預け荷物の設定が20kgまでとなっています。
なのでセブ経由で来る場合セブまでは無料で預けられた荷物が重量オーバーで追加料金がかかる可能性が出て来ます。

セブまでフィリピン航空などで来た場合23kgを2個まで預けて来てもセブからドゥマゲテまでの飛行機の航空券を購入した際に預け荷物が20kgまでなので最大3kg重量オーバーをしてしまう可能性があります。
この重量オーバーをした分は1kgあたり200PHP(約500円)を追加支払いする必要があります。

例:荷物が1つ23kgを預けて来た場合 セブからの預け荷物の重量が20kgなので
 23kg−20kg=3kg 3kg×200PHP=600PHP(約1200円)かかってしまう計算になります。

荷物が多い方はどちらかといえばマニラ乗り換えの方が良いかと存じます。
また荷物は少ないし遊んで行きたい方ならセブ乗り換えが良いかと思います。

もう一つの注意点は曜日によってはセブからの便数が少ないところが注意点でもあります。
(これは2018年4月の情報で作成しているので今後変わることも予想されます)

  マニラ Manila セブ Cebu
航空機 ジェット機 プロペラ機
基本預け荷物重量 20kg(最大32kgまで追加料金で可能) 20kg
時間 約1時間半 約50分
便数 3〜6便(曜日による) 1〜2便(曜日による)
就航航空会社 フィリピン航空/セブパシフィック航空 セブゴー

 

また便数なども曜日によってはセブ経由は少なくなる可能性があります。またプロペラ機なので席数が少ないので予約が早くなくなってしまう可能性もあります。

その分マニラ経由は本数はあります。しかもこちらはジェット機なのでプロペラ機のおおよそ倍の座席があり本数もあることはメリットでしょう。
デメリットは空港の乗り換えや市内からの渋滞で時間を予想しにくい部分です。

まとめ

 

日本から乗り換えはどちらが良いかは荷物の量に関係するのではないでしょうか。
荷物が多くなってしまうのならフィリピンの首都 マニラ経由の方が良いと思います。
こちらの方が荷物も多く預けられるからです。長期留学の際はどうしても荷物が多くなりがちです。そういう時はマニラ経由をオススメします。

一方荷物が少ない方やビーチリゾートで遊んで帰りたい方はセブ経由をオススメ致します。
預ける荷物に問題がない場合は乗り換えが首都マニラより簡単なセブの方が良いかと思います。

 

全てのデータは2018年4月現在の情報です。航空会社などの事情や夏ダイヤで変更される場合がございます。

一部データが最新版と異なったため修正しました。2018年06月23日

全員に無料プレゼント!
簡単1分で留学に役立つ資料をGETしよう!

 

  1. 全員に無料プレゼント!単身者向け留学パンフレット(15P)
  2. 親子留学向け留学パンフレット(16P)
  3. 旅のしおり(16P)
  4. 完全乗り換えマニュアル(11P)


フィリピン留学を考えている人必見のフィリピン留学完全マニュアル!
フィリピン留学の歴史や、フィリピン留学の動向、そしてフィリピン留学成功の秘訣などなど
留学を検討する人にとって役に立つ、ここだけの情報をまとめてみました。

 

CRAZY KENGO CRAZY KENGO 又の名をアラフォーおっさん。ベトナムで日本語教師をし、カンボジアにも住み、フィジーに留学をし、ひょんなことからここドゥマゲテへ。 とにかく凄まじい行動力と洞察力で情報を瞬時にまとめ発信をし続ける行動力はすごい! 好きなものは「ハンバーガーとビール」一見すると強面とも取れなくないが、誠実かつ真面目。マイクを握らせれば美声を轟かせる、奥が深い人間。 食レポを中心に別Blogでも活躍中! http://k031281.hatenablog.com/

  1. セブ空港からドゥマゲテまでの行き方をまとめてみた
  2. 【実践検証】日本からドゥマゲテまで最速で何時間で行けるのか?
  3. アイキャッチ画像 トライシクル
  4. アイキャッチ画像

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
お問い合わせ・無料資料請求