【親子留学】フィリピン親子留学の不安は「家族の了解」を得ること

2歳の娘さんを持つErikoさん親子が今回2人で親子留学!
親子2人で海外に行くのは初めてにも関わらず、ドゥマゲテという土地を選んだ理由などを色々インタビューさせてもらいました♪
親子留学を考えているお母さま、必見です!

どうして親子留学をしようと思ったのですか?

最近、親子留学をする親子さんが増えてきていますが、親子留学をしようと思った一番のきっかけはなんですか?

元々、語学留学に興味はあったのですが、お休みを取ったときに妊娠をしていたのであきらめていました。そうしたら、知り合いに親子留学に行った人がいていて、『子どもを連れて語学留学が選択肢があるんだ』いうことにとてもびっくりしたんです。なので、育児休暇中というタイミングに行くしかないと思い、親子留学を決意しました。

すぐに行こうって決意できるのがすごいです!行動的だなって思います!

親子留学の話を聞いたその夜くらいにすぐ検索をして、いくつか学校の資料請求をしました!

決してアクセスが良い地域ではないドゥマゲテをなぜ選ばれたんですか?

親子留学の事を教えてくれた方がSPEAに通っていた方だったんです。
家族と話をして、もちろん英語環境というのも大切だったのですが、なによりも子どもにとって良い環境を考えたら、ドゥマゲテという土地にあるSPEAが一番良さそうと思って決めました。

すごくびっくりしたのが、旦那さんにプレゼンをして親子留学を認めてもらったんですよね?

元々、育児休暇を3年取れるというラッキーな環境で、それを旦那さんが了承してくれていたんです。
わがままをきいてくれている中で、さらに上乗せのわがままで親子留学を(笑)

(笑)
なので、旦那さんに納得してもらえる理由をちゃんと伝えて説得しないと難しいだろうなと思って。
旦那さんもそんなに頑なな人ではないんですけどね。(笑)

最終週に旦那さんがいらっしゃってましたね!雰囲気が柔らかくてすごい優しそうな旦那さんだなぁと思って!

ダメとは絶対言わないだろうとは思ったんですが、行くからには、こういう理由があって、行ったら娘にも私にもメリットがあるっていうことをちゃんと伝えないと思って。
100%同意してもらったうえで、行きたいなと思ったのでプレゼンをしました(笑)

すごいですねーー!!プレゼン内容気になります(笑)

プレゼン内容としては、

①なぜ留学をしたいと思ったか、
②行く理由
③なぜこの学校にしたのか
④なぜ、この時期に親子留学に行くのか
➄どれだけ費用がかかるのか(具体的に)

最初に出して頂いていた見積もりも掲載して、航空券代を出してこれで取りたいっていうのも見せて。
もし、あなたも1週間英語留学をしたいんだったら、これだけ費用がかかるよ、もしあなたが旅行に来るんだったらここの予約がおすすめだよっていう情報も伝えました!

へぇー!!旦那さんも、じゃあそれなら。。っていう感じになったんですか?

聞いて、『あ、う、、うん』って(笑)
熱意に、、っていうかんじですかね?(笑)

あははは(笑)

私が行きたいのは十分分かる、という感じだったので後は子どもを連れて行って本当に大丈夫な環境なのかって、子どもにとって優しい環境が整えられているかっていう所SPEAは説明しやすかったで良かったです。

 

ドゥマゲテに来るまで、大変だったこと

親子2人で初めての海外、、準備から飛行機の事などSPEAに来るまで大変だったことを教えてもらえますか?

私自身が海外旅行に慣れていなかったので、今まで友人や旦那と海外旅行に行っても後ろについて、英語を話すということがなかったんです。それを全部、私一人がやるっていうのが初めてのチャレンジで来るまでドキドキでした。

初めての挑戦だったり、経験ってドキドキしますよね。

はい。私は32日間滞在だったのでイミグレーションに行ったんですが、延長はどうするんだ?と質問されて。。それにあんまり答えられなかったんです。
結局その時は、なんでか無事に到着出来て(笑)

『いいよー』って感じだったんですか?

たぶん、全然英語が通じてなくて(笑)
でも、『もういいよ行って~、でも延長必要だから頑張ってねー』みたいな感じで通してくれました。
そこだけが唯一の難所でしたね。

飛行機とか娘さんは大丈夫だったんですか?

元々、実家に帰るのに飛行機をよく利用していたので飛行機自体は大丈夫でした。
マニラで一泊してからの乗り換えがあったのですが、そこが一番不安でしたね。
そうですよね、マニラの乗り換えは少し複雑ですもんね。
海外慣れなてのに、いきなりトランジットだったので一番の高いハードルでした。
でもやってみたら結構すんなり出来て。

うんうん。

学校に着くまでの難所を乗り越えられたことで、自信をつけることが出来ましたし、楽しかったです。
来るまでの難所も楽しめたってことですね!すごいですね!
あまりに簡単にたどり着けてしまってもハードルが低すぎてしまって冒険感が無かったかもしれませんね(笑)

ちょうど良い冒険感って感じですかね?

そうですね!

実際にSPEAに来てどうでしたか?

実際にSPEAに来てみて、来る前と来た後のイメージ違いとかはありましたか?

学校自体でイメージのギャップはありませんでした。
すごいのどかな所で、広々としてましたし。語学学校のイメージってホテルとか施設内に缶詰みたいなイメージが強かったんですが、SPEAは良い意味で学校ぽくない(笑)と聞いていたので、イメージ通りで安心しました。

イメージ通りで良かったですー!(笑)

サリサリ(小さなローカルマーケット)に2人で行かれて、地元の人とバイクに載って出かけられたとか?初めての留学ですごい度胸!!(笑)恐怖感とかはなかったですか?

サリサリに行ったのも留学後半だったんですが、娘がお菓子を買って、サリサリで食べていると結構毎回、現地の方が話しかけてくれて。
最初から行っておけば良かったなって思いました!
それで、その中の一人の人が、熱心に声をかけてきてくれて。

なるほどー。

で、その方が『ドゥマゲテ市内で分からない所があったら案内してあげるよ』
って言われて、少し不安だったんですけど、せっかくだからお願いしちゃおうかなって(笑)そしたら案の定、バイクで迎えに来てくれました。

あははは(笑)

娘を真ん中に挟んで、家族みたいでした(笑)

地元の人みたいですねー!(笑)
でも、そこで経験してみようって思えたのがすごいなって思います。
私が初めて海外留学した時は最初からアクティブに動けなかった気がします。
こっちに留学しないと経験できないことだったので良かったですー!
スーパーマーケットでもフィリピン人の同世代のお母さんに話しかけられたんですよね?友だちがどんどん出来ますね

そうですね!ハイパーマートにある子どものプレイグラウンドに行ったときに、フィリピン人のお母さんが声をかけてきてくれて、facebookを交換したんです。

へぇーー!

その方はオンライン英会話をサイドビジネスでやってる方だったんですけど、内緒で登録をして、電話したらすごくびっくりしてて!(笑)

それは、『えぇーっ!』ってびっくりしますね!!

元々、25分間の無料レッスンだったらしんですけど、気がついたら50分くらいずっと喋ってたので向こうが
『しまったー!無料レッスン延長しちゃってた!』ってなってました(笑)

話しがついつい、盛り上がちゃったんですねー♪
現地で知り合った人との繋がりが帰国してもあるって嬉しいですね。

学校の先生はもちろんなんですが、ローカルの人との出会いもすごく楽しくて、密なものになりました!また遊びに行きたいですね。

娘さん、Erikoさんの変化は?

留学前と、留学後に娘さんとErikoさんに英語力や気持ちの部分で変化はありましたか?

娘が英語の歌とか、英語で遊んでいるという実感が入学前よりすごく増えたような気がしますね。
1カ月休んでたので保育園生活の中で忘れてる部分があるかな?と思っていたんです。けど、日本の保育園の英語のレッスンのやりとりだけはすごいスムーズだったみたいでびっくりされてました!

私もびっくりしました!(笑)

フィリピンで学んだ英語がちゃんと吸収されてて、さっそく生かされているんですねー!
そうなんです、保育園で教えていない英語の歌を歌ってたみたいで、
『フィリピンで教えてもらったのー?』って先生が聞いたら『うんっ!』って言って、ずっと歌ってたそうですー!

フィリピンでもよく英語の歌をうたってましたもんね♪

後は、帰国後に地元のショッピングモールのプレイグラウンドに娘といったんですが、そこに中国人の親子さんがいたんですね。

うんうん。

そこのプレイグランドは、持ち込んだおもちゃを使ってはいけない所だったんですけど、ルールを知らなかったみたいでおもちゃを持ち込んでしまっていたんです。

なるほど。。

どうしようかなぁ、と思ったんですがしばらく様子を見ることにしたんです。そうしたら、中国人のお母さんが買い物したかったみたいで息子さんを置いて居ちゃったんです。
おぉー、お子さんを一人にして行ってしまったんですね。
はい、最初日本語で話しかけても通じなかったんですけど、その子が英語で話しかけてきてくれて、英語でのコミュニケーションをとったんです。

その子が自分の年齢や、お母さんが買い物に行って待っているんだという事を話してくれて。
そうしたら、その子がトイレに行きたいって伝えてきたんですね。

お母さんが居ないから、どうしようってなっちゃいますね。。

どうしようーー!ってなって(笑)
勝手に連れて行って、誘拐って思われちゃってもどうしようって思ってたら、ちょうどその子のお母さんが帰って来たんです!

わー!良かったーー!

『その子トイレ行きたいって言ってるよ』って伝えて、トイレから帰って来た後に『ここは、おもちゃを使って遊んじゃいけない場所なんだよ』っていうのも英語で伝えてみたんです。

注意するって、同じ日本人の人に日本語で伝えるのもちょっと躊躇しちゃうと思うんですけど、さらに英語を使って、ってすごいですね!

そうしたらその方は旅行で日本に来ていたみたいで、

『教えてくれてありがとう』

って、むしろ感謝してもらえたっていう出来事がありました。

それは、嬉しいですねー!

はい、もし親子留学をしていなかったら、こんな風に話しかけることが出来なかったなぁって思って。
英語で言って、通じたっていうのが嬉しくて!フィリピンに行ったかいがあったー!て思いました。
旦那さんにも胸張って報告できますね!(笑)
旦那さんもその出来事のときに一緒にいたんです。
『おぉー!喋ってるじゃん!!』って言われました(笑)

あはは(笑)日本に帰ってからすぐに英語力を試せるチャンスがあったのはすごくラッキーですね。

まさか、日本に帰ってすぐに英語を話す機会があると思っていなかったので、すごい嬉しかったですね!なので、外国人の方がいたら積極的に話しかけてみようって思います。

プレゼンはどうでしたか?

RLEコースを取っている方は必須のプレゼン発表!苦手な人が多いプレゼンですが、RLEコースではなかったErikoさんが自分で進んでプレゼンをしたいと思った理由はなんですか?

プレゼン自体は会社でよくやっていたので、私としては苦な事ではなかったんですね。

うんうん。

せっかく来たんだから、英語でプレゼンが出来るという環境を利用しないと後悔するなって思ったんです。

英訳する時間があるかはどうかは謎だったんですけど(笑)

なるほどー!でも、お子様がいて宿題もあってプレゼン資料を作るって大変だったと思うのですが。。
ずっと滞在中は睡眠時間が2~4時間だったので、常に眠かったんですけど、プレゼンの前日はとうとう宿題が出来ませんでした。(笑)

でも、プレゼンはさせてもらえて本当に良かったです。

プレゼンしてみて楽しかったですか?

はい!楽しかったですし、得意分野のボキャブラリーを増やすっていう意味でもすごく良かったです。人前で英語で話すっていうのが今まで無かったので、そういうチャンスを作ってもらえてすごく良かったですね。

プレゼン中に見たErikoさんが撮った写真がほんとに素敵で、ちょっと涙がでそうになりました。。(笑)
先生たちも『かわいいー!』『ステキな写真!!』と大絶賛でしたね!

ありがとうございますー!(笑)

1か月の留学生活を終わってみて

『1カ月早いなー!』という言葉をよく耳にしていたのですが、実際に1カ月の留学を終わってみて、いかがでしたか?

もう風のように一瞬でした(笑)

日本に帰ってきて、日常に戻るのって一瞬だったのでほんとにフィリピンに行ってたのかな?って思うくらいでしたね。
留学中は午後のレッスンを取って無かったんですけど、そのおかげで娘と一緒に出掛ける時間もいっぱい取れました。午後も授業を入れていたら、週末くらいしか一緒に出掛けられなかったと思います。

なるほど。
1カ月の留学期間だったので、週末が3回しかなかったんですよね。
もうちょっと留学期間が長かったら、、て思いがあったんですか?

そうですね~!行ってみたい場所がいっぱいあったんですけど、3回しか泊りで行けなかったので。。
そういえば印象的だったことがあって!行きたいホテルを予約しようと思ったら、そのホテルのウェブページが無くて。(笑)そしたらfacebookのページを見つけたので行く前日にメッセンジャーでやりとりをして、予約することが出来たっていう事があったんです。

日本だとウェブページもしっかりしていて、事前にしっかり予約をしてから行くのが普通ですもんね。

3週目でやっと、そういう予約体験が出来たので、もう少し長期で滞在出来ていたら面白い過ごし方や体験が出来たのになって思いました。

やっぱり現地に来て時間が経つほど、行動範囲が広がりましたか?

ここに行ってみよう、あそこにも行ってみたいというのが増えましたし、こっちに来て色々体験してみてやっぱり足りないなぁ、、って思いました!

出来ればもう少し居たかったなって思ったんですね~

はい、3カ月は居たかったですね~!

これから親子留学を考えている親子さんに一言

親子留学をしたいと思っている親子さんは沢山いると思うんですが、
きっと踏み出したくても踏み出せないという方もいると思うんです。

Erikoさんの親子留学に勇気づけられる方が、沢山いらっしゃると思うので是非一言お願いします!!

”行かないで後悔するより、行って後悔した方が良い”
って思いますね。行きたいと思うなら絶対に行った方が良いです!

実際、私の場合は育児休暇中という有り難い環境だったこともあるんですけど、
その時間を使って行けたことで英語の勉強ももちろん、娘と過ごす時間が増えて、娘とケンカをすることもありましたけど(笑)

あははは(笑)

濃密な時間を過ごすことが出来て、本当に良かったですし、良い思い出になりました。
今、娘が小学校に上がる前で自由に時間が使える時期ですし、私もちょうど自由な時間があったので、時間を有効に使うという意味でもドゥマゲテという場所で過ごせたことは、とても有意義だったと思います。

なるほど、、Erikoさんのお話しを聞いてると勇気づけられます。

留学も子どもと一緒に行ったからこそ、英語を喋らざる得ない環境に居れたというか、そういう場面がいっぱいありましたね。

例えば、どんなことがあったんですか?

1周目の時に娘がショッピングモールにあったネックレスを壊してしまって、、

おぉー。。(笑)

それで謝って、、どうしても英語でやりとりしないといけなくなったり。。

後は、学校で娘がおもらしをしてしまった時に拭いてもらう時とか、
排水溝におもちゃを落としてしまって拾ってもらいたい時とかでしたね。(笑)

子どもがトラブルを起こしてくれたおかげで、私の英語力も同時に磨かれました!

親子留学だからこそ出来た英語での交流が沢山あったんですね!

はい、どうしても英語で喋らないといけない場面に追い込まれるというか。
トラブルの渦中に居るときは、娘に『こらーーっ!』って感じでしたけど(笑)

『やめてーー』ってなっちゃいますね(笑)

でも、そのトラブルを過ごす度に、逞しく英語力も伸びるって感じですね!

まさにそうですね!

あと、娘と二人で居るときはよく現地の人たちや子どもたちに声をかけられていたんですけど、最終週に旦那さんが合流した後はまったく無くなってしまって、しまいにはふっかけられたりしました。。(笑)

えぇーー!そうだったんですね!
”親子2人”で来るメリットがいっぱいあるんですね(笑)

そうですね!(笑)

旦那様にプレゼン、そして2歳の娘さんとの留学を決め、現地でもアクティブに
行動されていたErikoさん!現地で見せて頂いたプレゼンも写真もとても素敵でした♪
これからもどんどん英語を使って交流を楽しんでくださいね!
お忙しい中、インタビューの時間を取って頂きありがとうございました!!

全員に無料プレゼント!
簡単1分で留学に役立つ資料をGETしよう!

 

  1. 全員に無料プレゼント!単身者向け留学パンフレット(15P)
  2. 親子留学向け留学パンフレット(16P)
  3. 旅のしおり(16P)
  4. 完全乗り換えマニュアル(11P)


フィリピン留学を考えている人必見のフィリピン留学完全マニュアル!
フィリピン留学の歴史や、フィリピン留学の動向、そしてフィリピン留学成功の秘訣などなど
留学を検討する人にとって役に立つ、ここだけの情報をまとめてみました。

 

松岡ヨシヒコ ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。 好きな言葉は、アインシュタインの"EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL"想像できることは実現する。 趣味は、音楽とツーリングと読書。最近はお香を焚きながら音楽を聞き、読書をすることにはまっている。 英語学校を作った理由としてあげられるのが、世の中に対する「怒り」からくるものだった。というちょっと熱血漢な人。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP