インターンシップスタッフ募集

SPEAではインターンシップスタッフを募集します。
体験型学習という、フィリピン留学の中でも唯一無二のカリキュラムを作成し現在多くの生徒様からお問合せをいただいております。

みなさんこんにちは始めましてSPEA代表の松岡です。 インターンを通して海外での「仕事」をしながら 自分の可能性を知りましょう。 人には誰でも可能性があります。SPEAでは、一人一人と 真剣に向き合う。そんな学校なのでインターン終了後 きっとあなたは何かを掴んでいると思いますよ。
代表 松岡ヨシヒコ
代表 松岡ヨシヒコ

校長挨拶

 

海外で働いて新しい自分に出会う!

現在フィリピン留学を含めた語学留学は再び、伸びてきています。この背景には国内でのキャリアだけではなく,海外で働く,あるいは外国人と接する仕事につくという選択肢が未だかつてなく身近になってきているということが言えます。

SPEAでは海外で働く選択肢を少しでも増やし体験してもらうために,インターンシップスタッフを募集中。

SPEAインターンで何を体験できるかは以下の通り

SPEAだけの価値あるインターン

SPEAでは、情報発信の大切さ、それも生徒さんの動向をどのように発信するかマーケティングを通して「体験をしてもらう」という事を考えたマーケティングスタイルを採っています。
この理由としては「真実を伝えれば、きっと興味を持ってもらえる」と考えているからです。
留学はどこを切り取ってもドラマになる

マーケティング活動にたずさわっていただくのはSPEAのスタッフとしての業務の中心の一つです。複数の大学のマーケティング学科や経営学部と協働してマーケティング活動を行っています。

大学4年生のインターン

まずは動画でインターン体験をご覧ください。

神田慧(大学4年生)
「できると思っていたことができなかった、涙したときもたくさんあった。
このインターンの体験を通して一回りもふたまわりも成長をした自分と出会えました」

神田くんのインターン体験期全文は以下から確認

神田くんのインターン体験期全文を読む

ワーホリを蹴ってインターン!
女子スタッフの本音

先輩スタッフ村上さん

先輩スタッフ村上さん

先輩スタッフ村上知恵さんは、3ヶ月のSPEAでの留学を通して、その後かねてからの自分の思い出インターンを希望。
すでに1年目に突入するベテランスタッフ。もともと彼女は日本で、新卒から就職をして10年間製造業の総務/経理として働いていました。そんな彼女は、10年の区切りを持って新しい可能性を見つけ出すために留学を決意。
もともとは、3ヶ月の留学後、オーストラリアでのワーホリを考えていました。
そんな彼女はなぜ、このドゥマゲテのSPEAで、ワーホリを辞めてまでインターンをしようと思ったのか
その訳を探ってみようと思います。


どうして留学をしようと思ったのですか?

む:もともと、この学校の方針や考え方がに共感して留学をしました。
そして、実際に留学をしてみると、本当にすごくいい環境なんですよね。
人は優しいし、街は穏やかだし。まず、この環境がとても気に入りました。

インターンを考えたきっかけは?

む:私の留学中は学生さんも多く、同時に親子留学の方もいてとても賑やかでした。でも、だんだんと、目的を見失い遊びに走ってしまう生徒たちを目にしました。

この時、なぜか生徒さんたちから(複数人部屋)よく相談を受けていました。また、親子留学で来ていた子供達もなついてくれて、生徒さんのために支えたい
そう思うようになったのがきっかけでした。

どうやってインターンの応募をしたのですか?

む:とにかく留学学校って運営が大変そうだな。というのは生徒の時から思っていました。やはり、英語という継続をしなくてはいけない、すぐに結果のでない勉強をする時って人は何かのせいにしがちなんですよね。そう心の支えが欲しい。

そういう生徒さんたちを支えたい、スタッフになって学校をもっともっとよくしていきたいそう思った時に、校長に相談をしてインターンで受け入れてもらいました。

仕事の中で辛いことはなんですか?

む:この仕事は人と向き合うことが仕事です。
やはり、留学中に挫折をしてしまう人はたくさんいます、その時にできれば支えてあげたい。でも、中には突き放して一人で考えさせることも必要なんですよね。
そういう時はわかっているものの、辛いですね。

また、生徒さんと共同生活なので時には、仕事とプライベートを分け辛いのできつい時はあります。
でも、そんな時は学校から出てカフェ巡りをしたり、可愛い小物を探したりと息抜きをしています。
生活面では、もちろん最初フィリピンということで戸惑いましたが、基本的には適応していますw

仕事の中で嬉しいことはなんですか?

む:卒業後に生徒さんからお礼の手紙やメッセージがくることですね!これは本当に励みになります。今までの職場ではなかなか人からのお礼ということから離れた事務職をしていました、こうやって生徒さんがたくさんの壁を乗り越えて卒業して巣立って行き、その中でお礼の言葉をもらえるのは何事にも変えられない幸せを感じます!

インターン中たくさん辛いこともあるかもしれません、人と向き合うからこそ大変なことはたくさんあります、留学って人の人生を左右するもの、だからこそ本気ですが、卒業式の感動はひとしおです。
村上さん
村上さん

文化祭のような体験を

学生時代の、文化祭の前夜のような、そんな刺激的なミッションを。時には、辛くてねれない夜もある、仲間とともに肩をたたき合う事もある。

感動をして涙をする事もある、去り際に「まだ帰りたくない」という人もいる。そんな、感動ができる仕事がここにはあります

私たちのミッションとビジョン

“All learning comes from Experience”

すべての学びは体験から

Vision:
To change the world through excellent ESL instruction through cultural and language immersion
「体験を通して英語を学び、世界を変える」

Mission:
To be an outstanding ESL school that creates students interest in English Communication through actual learning experiences
体験から学び、コミュニケーションへの興味を創出する唯一無二の学校になる

Goals:
To provide peaceful environment for students
安全な環境を提供する

To grow through self-improvement opportunities
自己成長する機会を創る

To create a fun-filled learning experience
体験を通して最高の学びを創ります

私たちが絶対にしない事

「陰口を言うような事」
「裏表がある生き方」
「生徒様をお客様と思うこと」

学校インターンは
想像よりも辛い事もある現実

語学学校運営のインターンシップ(業務)は、想像以上に辛い事もあるという事を最初に伝えておきます。
その理由としては、留学という語学学習の場であるということ、さらには集団生活という事もあり、人々の感情と向き合う必要があります、
また、同じ敷地内でスタッフも生活をするため、業務終了後も、何か尋ねられたり、相談をされたりと、仕事とプライベートのバランスが取りづらいという環境も出てきてしまいます。

辛い事以上に、得られる事や感動があるのもこの仕事

私たちスタッフは、生徒さんのサポートをするのが主なミッションです。

時には、夜通し相談に乗る事もあります、時には学習の悩みから傷つく事を言われてしまう、耳にする事もあります。
しかし、たくさんの人と人との向き合い、ドラマを経て、人間的に成長をし生徒さんはじめ、スタッフ達との絆が深まっていく事が魅力です。

卒業式の時などは、自然と涙してしまう。そんな体験と経験値を詰めるのもSPEAインターンの魅力です

インターンシップ中に
必ずやってもらう事

目標の設定と実行
(タイムマネジメントとタスクの管理)
キャリアカウンセリング
チームビルディング

こんな人と一緒に仕事をしたい!

人に誠実に向き合い、裏表がなく、常に前向きに物事を考えようと努力できる人。
人のせいにせずに、「どうしたらもっと良くなるだろう?」という疑問を持てる人
そして、純粋で素直な性格の人は必ず、伸びると思います。

こんな能力があったらいいね!

留学経験がある事
(SPEAでの留学経験があると望ましい)
→日常会話程度の英語力を持っている人

インターネット(ITスキル)
文章を書く事が好きな人

インターンを通してこのようなスキルが身につきます

・タイムマネジメント
・異文化共生能力
・問題解決能力
・コミュニケーション能力
・遂行、達成能力
・企画力
・情報発信力(マーケティング力)

SPEAでのインターンであなたは、以下のような取り組みを行います

マーケティング活動では生徒さんの写真の撮影、動画の撮影そして、日々のドラマをコンテンツに仕立てていくという内容をおこないます。
さらに、この中では、人と人が向き合う(カウンセリング)などを含まれてきます。

他の業務としては,興味を持っていただいた入学候補者の方への問い合わせの返信,他,各種メディアやエージェントからの問い合わせなどの返信業務があります。また,日々の学生さんからの相談や問い合わせへの返答などがあります。こちらは(も)日本語で行っていただく業務です。

他には学校運営をしていくにあたっての,フィリピン人講師との連携,運営自体,業者とのやりとりなど現地で英語を使って行う業務もあります。

SPEAは元々,起業家精神あふれる学生さんにもきていただきたいという価値観を持っている学校でもあります。

運営者自体が起業家である,既にSPEA自体もスピンアウトしてゲストハウスとレストランを運営している,過去の社会人インターンスタッフが起業してカフェをオープンしているなど,経営・運営に携わることで海外での就業経験のみならず,自身で何かプロジェクト,起業を行うことができるような体験を積んでもらえるよう経営陣が意識しています。

条件は下記

・宿舎及び平日の3食がつきます。週末は土曜日の朝食のみついて,他は自炊するか買ってくる,あるいは外食をお願いしています。

・繁忙期を除き,希望者には英語レッスンが1日に2時間付きます。ただし,最も英語の特訓になるのは業務を通じての習得ですので(体験型学習をうたっている当校ですので,当然,業務を通じて英語を最大限使っていただきます。)学習として日々英語を学ぶというよりは実践してわからない部分を復習するというスタイルをお勧めします。

・週末や日々の生活費の手当として多少の手当が支給されます。

・英語は流暢に話せれば話せるに越したことがありませんが,まだまだ練習が必要なレベルでも業務を通じて訓練していくという気概のある方であればお問い合わせください。

・最低期間は3ヶ月以上で6ヶ月程度は滞在できることを推奨しています。その後,正式にスタッフとして残っていただくこともできますし,スピンアウトして事業を始めることも可能。そしてもちろん他の道に進まれることも。応募者の方の人生プランに応じて柔軟にご相談させていただきます。

・大都会のマニラでもセブでもなく,まだ,田舎の面影の残るドゥマゲテだからこそ。欧米のリタイアメント組が多くインターナショナルなドゥマゲテだからこそ。大学街でありインテリジェントな色合いも強いドゥマゲテだからこそ。どこかにピンときた方の問い合わせをお待ちしています。

問い合わせ先

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

何かお困りのことはありませんか?

事務局スタッフと相談する


☎︎050-5806-0874


お急ぎの方は以下へお電話ください

☎︎001-010-63-917-659-4608


現地SPEA直通になります。


受付:平日11:00〜18:00(土日祝日は除く)




留学の基礎知識が知りたい方


フィリピン政府認定校/SSP発給校

フィリピン政府認定校/SSP発給校
PAGE TOP