実践体験型学習のみにフォーカスし「全力留学」として新たにリニューアル

世界7位のドゥマゲテの青空の下を教室に。フィリピン初の実践体験を中心とした英語留学学校SPEAが「全力留学」としてリニューアル株式会社DucksAndDrakes!2015年12月3日 14時
フィリピンのドゥマゲテの街を舞台に青空の下、街全部を利用した英語研修を提供するStarting Point English Academy(運営 株式会社Ducks And Drakes)がこの度、実践体験型学習のみにフォーカスし「全力留学」として新たにリニューアル
Starting point english academyを運営する、株式会社DucksAndDrakes(所在地:東京都足立区舎人4-10-12、代表取締役:松岡良彦)は、フィリピン留学の新しい形として「全力留学」を提案します

「実践型英語留学サービス・全力留学」
http://sp-ea.com

【背景】
単語はたくさんしっていても、英語が喋れない
英語の教材がたくさん家に積読されている。
そんな人多くないですか?

「グローバル化とか言うけどいつになったらしゃべれるんだ…」
「最近外国人をよく街で見かけるけど、話しかけられたらかっこいいだろうな…」

日本人が英語を習得する上で大切なものを「ただ単純」に提供を開始しました。

【全力留学って一体なんなの?】

座学+実践学習(ミッション)
従来の座学のみのレッスンに、ミッション(実践体験)を追加しました。
実践体験を通して英語を学ぶ、ただそれだけなのですが、意外にも当校が初なのです。

<3つの特長>
1:毎週、実践体験(ミッション)をこなします
留学でありながら、毎日数時間も学校の中にこもり、座って英語を学ぶ
知識は得れるが、実際に使う機会がない。だから覚えられない。
言葉は使ってこそ初めて身につくものです。
なぜなら、英語は所詮はコミュニケーションの道具だからです。

2:教材はありません
毎週ミッションに向けて、自分の言葉を英語で紡ぎだし
教材を作っていきます。
世界で一つだけの、あなた専用の英語教材を作っていきます
だって、自分が普段使わない、英語を覚えても無駄でしょう?

3:フィリピンで日本と同レベルの治安のドゥマゲテを舞台に
留学に来て治安に怯える毎日はナンセンス
治安がいいからこそ、どんどん外に出て、人々とふれあい
英語を学んでいきます。
私たちの学校は、ドゥマゲテの街全体を学校として考えています

【今後の展望】
私たちの考える英語とは「ただの道具」に他なりません
たくさん英語の知識を持っているからといって、コミュニケーションが円滑に取れるか
と言われればそうではありませんよね。
英語の学習を通して、言葉を学び、コミュニケーションを学ぶ。
私たちの学校は英語を通じて、コミュニケーション力の開発にも取り組んでいます。
将来的には、いじめなどにあっている不登校児のこどもたちに対しても、フィリピンの
ホスピタリティーの高い国民性とこの街ドゥマゲテの穏やかな治安、そして当校の実践体験による
英語学習とコミュニケーション力の開発を生かせればと考えています。

PAGE TOP