万が一留学前に病気や事故などの事態が起こった場合返金対象となりますか?

原則的には返金ポリシーを参照していただければと思います

以下返金ポリシー参照
詳しくはこちらからご確認ください
http://sp-ea.com/re

□コース料金について

②出発日の 21 日前までにキャンセルした場合は、入学金以外 100%返金。
返金時の海外送金手数料は、乙負担とする。
③出発日の 20 日前~8 日前までのキャンセルの場合、入学金と 2 週間分の授業料と寮費以外を返金とする。
④出発日の 7 日前~前日までにキャンセルの場合、
 入学金と 4 週間分の授業料と寮費以外を返金致とする。
⑤出発日以降のキャンセルは、原則として認めません。但し、本人の病状または直径家族の病気等
でキャンセルがやむを得ない場合、最少期間に関係なく残余授業及び寮費の 50%の返金とする。

となっております。
ただし、状況によっては柔軟に対応をさせていただこうと思っています。

例えば、お子様の急な発熱などにより、渡航が困難になってしまった場合
お振込みいただいた金額をそのままおあずかりして、万全な体調に慣れてからの
留学時にその費用を当てさせていただく。実質的には返金ではなく、時期をずらしての
留学をしていただく。などの対応をすることも可能です。

なぜこのような返金ポリシーにさせていただいているかというと

運営上の理由としては

・予約を承り、お部屋を確保、講師のスケジュールも確保しなくてはいけない
(他の生徒様のスケジュールにも影響)

・同時期にお問い合わせをいただいていた場合、お部屋の状況によっては
 他のお問い合わせの方をお断りしなくてはいけない。

以上2点が挙げられます。

また、留学生の観点からして

・いつでも返金キャンセル自由にしてしまうと、意識が固まる前に
 気軽に留学の手続きをすることができてしまうため、留学時にいい効果を残せない場合がある。

などの理由があります。

あくまでもルールとして設定をさせていただいておりますが、
状況によっては、適宜対応をさせていただきます。

以上簡単ではございますがご確認をいただけましたら幸いです。
現状の結論としては、もし仮に急な発熱などで渡航困難な場合は
通常はキャンセル扱いとなり、返金ポリシーに沿った対応になってしまいます。
しかし、やむおえない事情があり、日にちをずらして渡航をし留学をする場合
返金ではなく、日にちをずらしての留学受け入れという形で対応をさせていただきます。

全員に無料プレゼント!
簡単1分で留学に役立つ資料をGETしよう!

 

  1. 全員に無料プレゼント!単身者向け留学パンフレット(15P)
  2. 親子留学向け留学パンフレット(16P)
  3. 旅のしおり(16P)
  4. 完全乗り換えマニュアル(11P)


フィリピン留学を考えている人必見のフィリピン留学完全マニュアル!
フィリピン留学の歴史や、フィリピン留学の動向、そしてフィリピン留学成功の秘訣などなど
留学を検討する人にとって役に立つ、ここだけの情報をまとめてみました。

 

松岡ヨシヒコ ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。 好きな言葉は、アインシュタインの"EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL"想像できることは実現する。 趣味は、音楽とツーリングと読書。最近はお香を焚きながら音楽を聞き、読書をすることにはまっている。 英語学校を作った理由としてあげられるのが、世の中に対する「怒り」からくるものだった。というちょっと熱血漢な人。
PAGE TOP