【日本の英語教育へのアンチテーゼ】なぜ実践英会話を体験を通して学ぶことを推し続けるのか?

実践体験学習と言うカリキュラムをなぜこの学校ではここまで推すのかに関してお話をしていきたいと思います。

ステータスの英会話から使えるスキルとしての英会話

ステータスとしての英会話学習に正直疲れを感じています私たちは中高大と学校教育を通して多くの時間英語の教育に関わってきました

しかしながらどうして今でも私たちは英語の学習に関して悩み考え再スタートしようとしているのでしょうか
その理由としては継続ができない継続をするモチベーションが続かないというのが1つの原因では無いでしょうか

英語が嫌いになってしまう世の中の流れ

私は学生時代実は英語がとても好きな少年でした
しかし中学に入り高校受験に向けて英語の勉強に取り組む中でどんどんと英語が苦手になっていったのを今でも覚えていますどうして最初好きだったものが途中から口も嫌いになってしまっていたのか今でもたまに考えることがあります。

関連記事:【実践英会話】バイリンガールさんから学ぶ!日本人はなぜ他のアジア人に比べて英語が苦手なのか?

「素朴な疑問1」英語を学ぶ目的がわからない

そもそもの目的としてなぜ私たちは英語という教科を学ぶ必要があるのでしょうか?
それは国自体が国際的コミニケーションと言うものが発生するのを想定し英会話と言うものを重視した上で英語と言うものを学校教育の中に取り入れているのだと思います。
しかしながら日本国内では諸外国のような英語に触れる環境と言うものがなかなか身近になかったため筆記を中心と言う形で英語の学習をしていくほかなかったと言うのが大きな原因でしょうか。
そして主な英語を学ぶ原動力になっていたのが「受験」でした。受験勉強中は英語を必死で覚えるものの、今でも大人になって、「受験勉強」時代の英語力を求める人は少なくないと思います。

「素朴な疑問2」私たちの理想の英語学習方法は刷り込まれている?

しかしこのような英語教育と言うものに関わるなかで私たちは自然的に英語の学習=座って学長く暗記と言うような頭になっているのは否めません。
これが留学と言う環境が変わる違う国の中で行われて行くものに対しても日本と同じような教育を求めてしまっていると言うのは少しもったいないかなと言う気をしています
せっかくの環境があるにもかかわらず学校の中にこもりきりで机に向かい毎日毎日単語を暗記する教科書に向かい文法の勉強していくこれらは実は日本でもできることなのではないでしょうか。

本当に私たちがしなくてはいけない事、留学において、私たちがすべき事と言うものは、実際に街に出て実生活を通して生きた英会話と言うものを学ぶ触れると言うことなのではないでしょうか。
これができるのが留学の醍醐味の一つだし、みなさんが思い描いているものなのではないでしょうか?

しかし、治安の不安や、地理的な問題からそれらができないからこそ「スパルタ式」などというコンセプトで運営されているのも事実です。
また、このような「スパルタ式」により「詰め込み学習」に対して期待をする人たちは「受験勉強」による成功体験を持っている人たちが多くいるからこそ、ニーズがあるということになっているのかもしれません。

関連記事:【実践英会話】単語や発音文法にとらわれずに英会話コミュニケーションを円滑にする

 

「素朴な疑問3」私たちはどうやって言葉を覚えていったんだろう?

私たちが日本語を習得する中で1番大事だったパーソンというのが家族だったと思います。
この家族特に母親が毎日日本語で語り掛けてくれると言うこともあり自然と耳で覚えていたと言うものがあります。
そして幼稚園小学校と上がる中で日本語がわかる中で、知識を流し込むという点で国語の授業と言うものが行われていました。

 

自然的な言語習得の流れ

実は自然的な語学習得の流れと言うものはまず真似る。
耳で覚えると言うところから始まり、それらを合理的に論理的に核心に迫って学ぶために座学と言う物を取り入れることが大事なのです。
せっかく留学に来たにもかかわらず太陽の下に出ない街の雰囲気を知らない街の人たちとも話をすることができないそんな悲しい状況はありません
皆さんが留学をする中で思い描いている事は、「英語がしゃべれたら世界が広がり世界中に友達ができる」
そのようなイメージを持っているかと思いますが留学中にもそのイメージを確信にしてことができるのです。

私たちがコミニケーションする中で特に大切な事は、
「相手が今何を感じ何を考えているのかと言うことを対面をし五感全てを使い察知していく」
ことがとても重要です

関連記事:【実践英会話】単語や発音文法にとらわれずに英会話コミュニケーションを円滑にする
エンパシー(空気を読む力)について言及しています

 

「メラビアンの法則」言語能力は7%しか機能していない

言葉が情報伝達として占める割合というのは7%に他ならないとメラビアンの法則では言っています。
私たちは言葉のトーンによって多くの感情を表現し顔の表情を使い言葉では表現できないより深いコミニケーションを成立させています。

文法や発音を気にすることによって相手の表情や仕草などから得れる情報を取りこぼしてしまっています。
私たちが特に大切にしなくてはいけない事は手の表情を見る余裕を持つことをしなくてはいけません。

そして、日常のなかで自分に深い関わりのある言葉を一つづつ確実に身につけて運用能力を高めなくてはいけません。
一つ一つの単語に注意をし逆に相手の表情や相手の仕草を見落としてしまっては本当に相手の本心と言うものを掴み取ることができません

ここまでが英会話のコミニケーション英語が道具であると言う事を説明することになります

 

ステータスの英会話から実用性の高いものへ

このように本気でコミニケーションとしての英語コミニケーションツールとしての英語と言うものを考えて行った時に
私たちはどうしても教室の中だけでの学びでは本質的な英会話コミニケーションには行き着きません。

関連記事:それでもまだ、ステータスとしての英会話を学びますか?

「忘却曲線」1日後には学習したことの74%を忘れる!

私たちが本当に学ばなくなくてはいけない生きたコミニケーションとしての英会話は実践活動として学んでいくしかないのです。

それも日々の中で使う頻度の高いものを学ぶことで効果的に、学んでいくことが可能です。

ここではもしかしたら失敗や挫折などと言う事と遭遇する確率は高いかもしれませんが日常生活私たちが生きている中でも完璧なコミニケーションをすることができません。

時に人とぶつかってしまったり悲しい思いをしたりする中で相手の気持ちというものを考えるようになり実践に移していくと言うようなトライアンドエラーの繰り返し。

このようなことが出来るのも実は留学中の英語にまみれたこの生活環境だからこそなのです。

海外という英語まみれの世界、環境がありながら学校の室内にこもりきりで学ぶと言う事は極めてもったいないと思いませんか?

だからこそ私たちは実践体験学習と言うものを基軸に置きこの学校を運営しているのです

全員に無料プレゼント!
簡単1分で留学に役立つ資料をGETしよう!

 

  1. 全員に無料プレゼント!単身者向け留学パンフレット(15P)
  2. 親子留学向け留学パンフレット(16P)
  3. 旅のしおり(16P)
  4. 完全乗り換えマニュアル(11P)


フィリピン留学を考えている人必見のフィリピン留学完全マニュアル!
フィリピン留学の歴史や、フィリピン留学の動向、そしてフィリピン留学成功の秘訣などなど
留学を検討する人にとって役に立つ、ここだけの情報をまとめてみました。

 

松岡ヨシヒコ ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。 好きな言葉は、アインシュタインの"EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL"想像できることは実現する。 趣味は、音楽とツーリングと読書。最近はお香を焚きながら音楽を聞き、読書をすることにはまっている。 英語学校を作った理由としてあげられるのが、世の中に対する「怒り」からくるものだった。というちょっと熱血漢な人。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP