【フィリピン留学を失敗しないために】留学をする上で注目すべきは「目的の明確化」

皆さんおはようございます
スターティングポイントイングリッシュアカデミーの松岡です。本日はなぜ日本人が英語の学習を継続できないのかに関して考えていきたいと思います

“EFFORTS AND COURAGE ARE NOT ENOUGH WITHOUT PURPOSE AND DIRECTION”
目的と方針がなければ、努力と勇気は十分ではない。

とは、ケネディ元大統領の名言。
私たちは英語の学習においても、この点をしっかり考えなくてはいけません

 

英語学習の不明確な目的

まず初めに私たちが英語を勉強する中で目的が明確でないということが挙げられます。

まず英会話の目的と言うことで考えると話をする環境すなわち実生活に密接に結びついた環境。

どうしても必要に迫られて英語をしゃべらなくてはいけない環境と言うものが日本には存在していませんでした

しかし最近になり多くの企業がグローバル化を叫び続けまたオリンピック需要もあり英会話が本当に必要な社会構造になってきたと感じています

これらが今日、日本人が英会話を学ぶ1つの行動動機となっているのは間違いありません。問題はどのようにしてこれから私たちは英語に触れていくのか学んでいくのかという方法がとても大切になります

はっきりと学ぶ目的を理解する

英会話はコミニケーションの道具に他なりません
すなわち私たちが本当に必要とするコミニケーションの場と言うものを作り出す。

もしくはそこに身を投じるこれが1番自然なあり方と考えています。

今まではそのような環境がなかったことから私たちは筆記を中心とした学習方法しかありませんでした

 

世界がどんどん近づいてきている

しかし最近、街でも外国人観光客が増え町に外国人の人を見かける確率がかなり増えてきました。

さらには交通方法としてさらには交通方法として飛行機がLCC航空会社等が世に出てきてから海外への距離がぐっと近づいて参りました

私たちは今まで英語を必要としない日本だけで完結できるとても贅沢な環境にいました。

しかしこれからの時代ここまで外国人の観光客が増えさらに少子高齢化により生産人口が減る中で私たちは自国国民だけと仕事をすると言う時代は終焉を迎えつつあります。

すなわちこれはどういうことか
私たちはこれから外国の人たちと手を取りながら仕事をしなくてはいけない時代に突入しております

 

求める必須スキルは変わってきている

少し前までパソコンが使えると言う事は特別なスキルでした。しかし今はどうでしょうか?

パソコンが使えて当たり前と言う時代になり誰しもがパソコンを駆使し日々の仕事をこなしています

これらのことからも未来は容易に想像ができ、いかに自動翻訳であったり音声翻訳ソフトなどIT技術が進化したとしても所詮は1対1のコミニケーションここで英会話と言うコミニケーションの道具が重要になるわけです

 

ITの進化と人間の仕事争奪戦?

さらに私たちは考えなくてはいけないことがありますそれは人工知能の進化すでにGoogle翻訳等ITの技術が進化し多言語への翻訳も容易になってきました

実際に今もこの文章に関してはGoogleスプレッドシートの音声入力を使いキーボードを打たずに入力をしています

さらにここから翻訳ソフトで翻訳をかければ簡単に英語えと変換することができます
ITの技術進化によりできることがとても増えてきましたすなわちこれは人が今までしていた仕事の領域にITが深く関わり込み私たちはITではできないことをしなくてはいけない

考えなくてはいけない人間だからこそできる仕事と言う事を考えなくてはいけない時代にもなりました

人として必要なスキル「英会話」

人間だからできることそれは人の気持ちを察知し感情を通してコミニケーションをとっていくごくごく当たり前に私たちが知っていることこれが本当に価値のあると言う認識になる時代になっています
さてこれから私たちは英語を使いどのようにして活躍するような時代になるのでしょうか

世界中の人と手を取り合いながら英会話コミニケーションを通じ多くの仕事を全うしていくそのような時代になる事は間違いないと思っております

そのためにも日本人がどのようにして効果的に効率的に英語を学んでいくのがベストなのか

従来は英語を話す環境が日本になかなか存在していなかったため筆記を中心とした学習スタイルになっておりました

現在このように世界がシームレスになる中で私たちは実生活に密着した密接した環境の中で生きた英会話を学んでいけるようになりました

やはり言葉を学ぶ以上自分ごと自分の言葉を実生活に通して学んでいくことが1番脳の定着にもなり1番使用品度が高い状態で学習をしていくことが運用能力を高める上でも効果的なのは間違いありません

またこのような状況が作れると言う事は日々の生活の中で使う頻度と重要性が高いため継続性も必然的に高まります

継続性が高まると言う事はそれだけ英語に触れる環境であったり時間というものを作れることになるため従来のようにただただ机に向かい暗記をするだけの英語ではなく、実際に使いながら英語を学んでいき身に付けていくと言うことが可能

今まで幾度と無く英語の学習に挑戦し挫折した人たちにも明るい未来が待っている事は容易に想像できます

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お困りなことはありませんか?

事務局スタッフと相談する

お急ぎの方は以下へお電話ください

☎︎001-010-63-917-659-4608

現地SPEA直通になります。

受付:平日11:00〜18:00(土日祝日は除く)


留学の基礎知識が知りたい方

PAGE TOP