2020年大学入試が変わる!「英語=しゃべれる」スピーキング重視の時代!?

「日本人が英語を話せない理由は、大学受験にあり」

先日、セブ島にて東進ハイスクールの超人気英語講師「安河内」先生のお話しを伺いました。

日本人はどうして、こんなに英語の勉強をしているのに話せるようにならないのでしょうか?

「会話をする時間がないから」
「そのような環境が日本にはないから」

こう考えているかもしれません。

これは半分はあっていると思いますが、半分は間違っています。
その理由は、会話をする時間がないのではなく、そもそも、英語の学習の目的が「話せるように」ではなく
「受験」や「テスト」で点数を取るためにフォーカスしているからなのです。

大学受験制度が変わります

2020年度から日本の大学の受験制度が変わります。特に英語に関して大きく大きく変わるのです!
それはそれは、大きく変わるのです。もしかしたら戦後最大級の大きなメスが入る、それくらいの大きなインパクト。
日本も国をあげて、日本人の英語力改革に着手をし始めるということなのです。

英語は話せて当たり前になる

従来の英語の受験は「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能のチェックをしますが、今回の大きな変革では、「特にスピーキング」が重視されるようになるのです。

それも「自分の意見をいう」「自分の考えをしっかり述べる」といったことが問われるようになるというのです。

ちなみに、従来は「センター試験」という制度がありましたが、この英語の試験に関しては、TOEFL,英検,IELTS,TEAP,ケンブリッジ英検などの試験を受験して代用していくという流れに変化するのです。いわゆる外部試験がセンター試験の代用になる動きなのです。

今までのセンター試験では、マークシート方式で、多くの「試験対策」などの講座が予備校などで行われテストの点をとるということにフォーカスしていました。しかしながら、外部の試験になり、特に「スピーキング重視」ということになってくると、対策以前の問題で、しっかりと英語で考えて、自分の発言を限られた時間の中で素早く行う。ということが必要になるため、より本質的な英語力底上げに注力し始めたということですね。

英語でのコミュニケーション能力の開発

スピーキング重視、それも自分の意見をしっかりと述べる。
この点をもっと深く見た時に、問題内容が全てを示しています。

「あなたは、猫が好きですか?嫌いですか?」

その回答を15秒のうちに考えて、45秒間かけて説明をしてください。
というような内容なんですね。

もしも、日本語ならば、簡単に説明をすることができます。
しかし、英語となった場合、どうでしょうか?
すぐに答えることができますか?また、45秒間説明をすることができるでしょうか?

例えば、わかりやすく伝えるという「ニュース/報道」の現場では45秒間は285文字で構成されるようです。

これはあくまでも日本語での話ではありますが、英語でもほぼ同じくらいの文字と考えると、とっさに質問をされて、その場で45秒間285文字相当の文章を、頭の中で構築を瞬時にして、発話するということは、日本人がもっとも苦手としている分野かもしれません。

 

スピーキングを伸ばすためには「基礎知識」「論理性」「速度」が問われる

試験での質問内容はどのような質問をされるかがわかりません。
ある意味では「面接」に似ているのかもしれません。

そのため、「基礎知識」あらゆることに対して興味をもち、情報を収集しておく必要があります。
もしくは、あくまでも自分の意見をいうことになるので、「自分なりの意見」という点で、自信がもつ経験や体験に紐付けて会話を展開する応用力が必要になります。

さらに、短時間でわかりやすく話をするために「論理性」が必要になります。「結論」「なぜそう思ったのか」「最後にまとめ」といった、わかりやすく、簡潔に伝える力が必要になります。

これらを踏まえてさらに大切になるのが「速度」になります。
例えば、頭の中で「考えて考えて結果的に回答までに時間がかかってしまう」ということになれば、試験時間はあっという間に過ぎてしまいます。このスピーキング重視は「実践」を想定するとなると、これは対話となり、対話の中で、何秒も時間が開くようであれば、それは会話として成り立たなくなってしまいます。

もしも、素早く英語に変換する創造的な脳を作りたい!
そんな人はこの記事がオススメです!
英語初級者は「スピード翻訳」を意識するとぐっと伸びていく!

日本は「英語力強化」に本気になっている

今まで、日本の英語教育は「詰め込み式」「試験対策」に向けての色合いが強い教育スタイルでした。
しかし、グローバル化が凄まじい勢いで進み、国境がなくなっていく中、日本も潮流に乗って行くとなると海外のテスト文化を受け入れざるおえない状態になっていきます。

先ほどご紹介した、スピーキングテストからもわかるように、一つのテーマを掘り下げて、自分なりに思考をしてロジックを組み立て、自分の意見を述べる、すなわち創造的な思考と論理的な思考を持つグローバル人材を育成していくことがとても大切になるわけです。

従来のような「詰め込み」から「論理的/創造的思考」を育むという教育スタイルに変わっていく日本は、本気で変わっていくのでしょう。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP