フィリピンで現地化する日本人15の特徴と傾向

フィリピンで長期生活や長期留学をしている日本人でたくましい人はどんどんとフィリピンの文化に溶け込んでいくんですね。

「郷に入れば郷に従え」そんなたくましく、フィリピンでサバイバルする我らが仲間日本人の方たちで特に現地化している人の傾向をランキング形式にまとめた。

ちなみにこの内容はジャカルタで出会った、現地化しすぎた日本人TOP10からインスパイアして独自調査をしました。

このランキングについては、私、松岡が10年近くフィリピンに関わる中で「見た聞いた感じた」さらにSPEAの留学生およびスタッフにも聞いてみました。

タガログ(ビサヤ)混じりの英語

th__DSC4451

現地語まじりで心を通わす

フィリピンに長くいるとやはりどうしてか、現地語を多少なりとも話せた方が意思疎通が測れるし、なによりも心の距離を縮めることができる。
この国に長くいると、英語話せるよりも、タガログとかビサヤ語を話せる人がとても格好良く見えてくる。

 

英語で話しているつもりが現地語になっていた

英語を通して、積極的にコミュニケーションを学ぶ

えっあなた「現地語喋れるの?」

もうこうなってしまったらあなたは完全に現地化エキスパート
周りで英語でミテーィング中に、日本人が「?」みたいな表情の時、ちょっと深呼吸をしてほしい
もしかしたらあなたは「英語で話しているつもりが現地語になっていないだろうか?」

 

眉毛を上げて挨拶する

眉をあげまくろう

これもフィリピン特有の文化?眉毛をあげて心の中で「よぉ」と囁き挨拶をする
これをするようになったらあなたも現地化上級

 

突然鼻歌を歌う

突然歌うよ!

突然歌うよ!

フィリピンでは突然歌を歌うことはよくあること。
初めてのフィリピンで鼻歌に関して二つの点で驚く。

一つ目なぜ突然鼻歌を歌う?不意をつかれた驚き
二つ目は、鼻歌のレベルが高い

こんな日本ではありえない状況に慣れていくとなぜか自分も鼻歌を歌ってしまう。
でもそれは意外に嫌じゃないし、楽しい。
自然に鼻歌を歌うようになったら現地化の一歩手前だ

鼻歌の重要性に関しフィリピン人講師が熱弁
幸せになりたきゃフィリピン留学!

髪を切るのはローカルの床屋だ

IMG_5272_R

髪を切るのに美容室なんて行きたくない。
とにかく安く済ませたい

だから、俺は「40PHPの床屋だぜ」
なんておすまし顔でいうあなたはきっともれなくフィリピン人男性の9割と同じ髪型になっているだろう。

全編一貫してバリカンで髪を削る、カットをしない、まさに彫刻のように削る、そんなヘアカットに慣れてしまったあなたは、確実に見た目「現地化」だろう。

身も心も現地化の一歩は身だしなみから
フィリピンで髪を切りに行ってみよう!

自発的にバロットを食べる

静かにくらう

静かにくらう

Photo credit: oldandsolo via Visual hunt / CC BY

バロットといえば、フィリピン料理の中でも1.2位を争う衝撃的な食べ物。
ふ化しているアヒルの有精卵のゆで卵?

留学生なら一度は怖いもの見たさで挑戦するであろう。
しかし、現地化しているエキスパートはだれに言われるともなく、誰に見られるともなく自発的にこれを食らうのだ。それも、うまいうまいと言って食らうのだ。

中には「ラッキー鶏肉が入っている!」と無邪気に飛び跳ねて喜ぶ人もいることだろう(過去一人遭遇)

こうなったらあなたは間違いなくフィリピン現地化エキスパート

何食べたい?と聞かれて「レチョン」もしくは「ジョリビー」と回答

留学生どうし、もしくは友達どうしで、
「小腹すいたよね?何食べる?」と聞かれて
わずか0コンマ数秒で「ジョリビー」もしくは「レチョン」と答えるあなた。フィリピン魔力にイかれている。

フィリピンで猛威を振るうジョリビーとは
マクドナルドが世界で唯一、勝てないジョリビー

1ペソ(約2円単位)で交渉する

タクシーやその他小売店でやたらめったら交渉をして「1PHP/2円弱」の単位で無心に交渉をして気がついたら数十分を費やした。

そこまであなたのパッションを1php単位で燃やすことができたならば相当に現地化しているだろう。

ちなみにフィリピン人はあまり値段交渉しません。

背中にハンドタオルを入れている

街中で見かける光景、老若男女問わず、シャツの首回りの背中側にちょいとハンドタオルなんかを入れていた日にゃあなたは立派な現地化エキスパート

この洗練されたおしゃれを無理なく無駄なく、違和感なく取り入れられるのはフィリピン人ならではのセンス

鏡が大好物

反射するものは全て自分の魅力を確認するためにある。
そう、人類の研磨技術により、自分自身を客観的に確認できる優れもの、鏡、ガラス、その他

それを見つけた日には立ち止まり己の勇姿、美貌をチェックする。そうなったらあなたも立派なフィリピーノ!

シャワーはやっぱり水だろ!

「お湯シャワー?えっ?電気代高いし!
シャワーはシャキッとさせるものだから水に限る!」

こう言い放てたら間違いなくあなたは、現地の生活を完全に満喫している証拠。

さらに家電の月にかかる電気代の計算ができたら
もうあなたに屈服します。

肌寒いのレベルが「24度」

ちょっとした雨が降った後、気温が下がるとはいえ体感で24度くらい。
24度で肌寒さを感じるあなたは、完全に体の体感がフィリピンに順応している証拠。身も心もフィリピン現地化

トライシクルか、ジプニー移動

「タクシー?」そんなもん乗らないよ
「40PHP/100円」でも高いって思うんもん

ジプニーといえば日本人には馴染みのない乗り合いのバス。好きなところで乗れて好きなところで降りれる
画期的な手法がもれなく、フィリピンの大気汚染および渋滞に一躍かっている乗り物。

これに乗るには、素早く横切るジプニーの側面にある「行き先」を猛禽類なみの動体視力で確認して瞬時に反応し呼び止める

さらに、行き先に行くために、何回もジプニーの路線を乗り換えて移動できたらあなたはすでにベテラン

「2ライド3ライドでどこにでもいく」あなたはすごい!

暇な時は涼みにモールへいく

時間が余ってしまって「暇だ」家にいてもあつい!かといって何もすることがない
「そうだモールに行って涼みに行こう」こうなったらあなたも立派なピノイマスター

「プスー」と口をすぼめる

街中を歩いているとどこもかしこからも聞こえる謎の音「プスーッ」音の先に目を向けると、口をすぼめて「鮒のような顔」で「プスー」「プスー」と音を発している

最初はなんだこれは、「口笛が下手くそだなー」何て思ってしまうのはフィリピン初級者

これは、「人を呼ぶ時の音」そう「相手の注意を引く音」なのだ。これをレストランなどで定員さんを呼ぶ時に使っているあなたは「フィリピンかぶれ」だ

全員に無料プレゼント!
簡単1分で留学に役立つ資料をGETしよう!

 

  1. 全員に無料プレゼント!単身者向け留学パンフレット(15P)
  2. 親子留学向け留学パンフレット(16P)
  3. 旅のしおり(16P)
  4. 完全乗り換えマニュアル(11P)


フィリピン留学を考えている人必見のフィリピン留学完全マニュアル!
フィリピン留学の歴史や、フィリピン留学の動向、そしてフィリピン留学成功の秘訣などなど
留学を検討する人にとって役に立つ、ここだけの情報をまとめてみました。

 

松岡ヨシヒコ ドゥマゲテの留学学校SPEAの創業者。 好きな言葉は、アインシュタインの"EVERYTHING YOU CAN IMAGINE IS REAL"想像できることは実現する。 趣味は、音楽とツーリングと読書。最近はお香を焚きながら音楽を聞き、読書をすることにはまっている。 英語学校を作った理由としてあげられるのが、世の中に対する「怒り」からくるものだった。というちょっと熱血漢な人。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP