【留学前必見!】フィリピン留学治安ランキング

フィリピン留学 治安」思った以上にこのキーワードに興味を持つ人が
たくさんいるのです。これは留学を調べる際に絶対に必要なこと。
「治安」を無視して留学をすることは本当に愚の骨頂です。
だからこそ、しっかりと事前に安全面(治安)についての知識を入れてから
考えていきましょう

最近フィリピン留学に行った友達が多くて、話を聞いていたら興味を持った
でも、フィリピンというと治安が心配。
英語は苦手だし、旅行は初めてだし、ましてや女性だし…。
治安が心配だから、家族を説得できない、そして彼氏、彼女にも心配をかけたくない…。

【フィリピン留学の治安?】ドゥマゲテ(ドゥマゲッティ)の治安をどこよりもわかりやすく事例を踏まえてご紹介!

 

フィリピンってどういう国?

フィリピンといえば治安が悪いとか、夜のイメージとか、あまり良いイメージを持たれない方も沢山いらっしゃると思います。
最近では、オンライン英会話の普及が一躍を担い、フィリピンという国の英語力が日本でもフォーカスされるようになりました。
フィリピンという国は戦後間もない頃は、アジアの中でも経済は安定している国でしたが、フィリピンの教育指針を母国語から
英語に切り替えたところから、フィリピンの学力は落ちていったと言われています。
しかしながらその英語に切り替えた教育を行ったことで、フィリピンは今日の、海外出稼ぎ労働者や英語でのコールセンターなどの
需要をものにしていったこともある国なのです。

この英語教育という点で考えると、成功事例を作った国でもあるため、私たち日本人が英語を学ぶ上で、フィリピンから学ぶべきことは沢山あるのです。

 

世界で3番目の英語大国

フィリピンは日本から4時間弱で到着する、アジアNO1の英語人口多い国
世界でいうと、アメリカ、イギリスについて3番目の英語大国なのです。

 

アジアで2番目の群島国家

フィリピンは7107の島々で形成された群島国家
アジアではインドネシアに次いで、2番目の群島国家として知られています。
そして、なんと驚くことなかれ、フィリピンには200を超える言語が存在するのです。

 

歴史的な背景

また、フィリピンでは元々スペインに統治をされていた時代があるため、スペインからの
文化に大きく影響されていることもあり、母国語タガログ語などは、スペイン語と
おなじ単語がたくさん存在しているのです。
また、スペイン統治後は、日本、アメリカからも統治を受けていたこともあり、
文化に対する許容が広いとういうのもフィリピンの大きな特徴かもしれません。

 

 

フィリピンって世界的にどれくらい安全なの?

世界平和度指数を元にフィリピンという国がどれだけ安全なのかを調査しました。
なんと、意外にも、こんなに平和ではない国なの?という印象でした。
やはり、日本は平和な国として上位ランクされていました。

世界的にはそんなに治安のいい場所ではない

世界的にはそんなに治安のいい場所ではない

 

 

 

 

 

 

エリア別の治安について

フィリピンの代表的な、留学エリア
マニラ|セブ|ダバオ|バギオ|イロイロ|バコロド|ドゥマゲテという以上のエリアの調査をしました。
すると、最近注目を集めるようになったドゥマゲテが群を抜いて治安の良い場所にランクインしていました。

フィリピン 治安

フィリピンの代表的な留学エリアの治安を調べました

 

 

 

フィリピンの治安の中でサバイバル!身を守る秘訣

数字だけではわからない、フィリピンの治安について
この数字だけを見ると、フィリピンって怖い…危険なのではないか…..。
と思うかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。
現在フィリピン国内(セブ島には約5000人)の日本人が住んでいます。
また、セブ島だけで言えば、年間で22万人の観光客が訪れています。

そんな中、かれこれ10年フィリピンと関わっている中で、危険な目にあった人のお話を数多く聞いてきました。今回はその事例をちょこっとご紹介。

もし、あなたが危険な目に遭遇したら、犯罪に巻き込まれたら….
そんな経験からどうやって身を守るかを考えてみよう。

フィリピンで出会った危険な事例

 

マニラにて

自動車を走行中に対向斜線から石を投げられて、フロントガラスをつきやぶり、頭にあたり、意識不明になる、その後身ぐるみをはがせれた

タクシーに乗ったら、裏通りの人気のないところに連れて行かれて拉致監禁をされた。
8時間の拘束をされて、そのままATMに連れて行かれて、持っていたクレジットカードの現金枠をすべて引き出しさせられた。

空港でタクシーに乗り、ホテルに向かった(ホテルはタクシーの運転手から紹介)その後、夜になったら、警察が部屋を訪ねてきて、なぜか刑務所に入れられた。事情聴取をされ、部屋に戻ると、ものがなくなっていた(タクシーの運転手と警察、ホテルの従業員が関係していた)

親切な人に声を掛けられて家に招待された。お酒などを振舞われたら、気がついたら眠ってしまった
起きたら、留学前の餞別でいただいた50万円の現金とiphone6を盗まれ、道路で目が覚めた。

 

セブ島

日本食やで食事が終わり、店の前に止まっているタクシーに乗ったところ裏道に連れて行かれて、ホールドアップされた。

ジプニーに乗っていたところ、降りる際に後ろポケットの財布を抜かれた

突然ストリートチルドレンに囲まれてものを取られた

下町エリアを歩いていたら、複数人のフィリピン人に囲まれiphoneを盗まれた。

夜に部屋に侵入されて金品を取られた。物音で目が覚めたのだが、寝たふりをして気がつかないふりをしてやり過ごした

 

フィリピンでの安全対策について

フィリピンでは「物盗り」の被害が特に多いと感じています。
それも、だいたいことが行われるのが「夜間」ということ。

 

フィリピンサバイバル対策(安全を確保せよ!)

行動の仕方
夜間は一人で出歩かないようにする

外出時は、大きい鞄を持ち歩かない
外出時は、綺麗な格好をしない
女性(ワンピースなどは危険)

ブランドの鞄や高級時計、後ろポケットからはみ出る財布などは要注意

イヤホンなどをつけて街をうろつかない
街を歩きながらiphoneなどの携帯はいじらない

外に出歩く時に、あまりにもビクビクしていると狙われやすい

 

 

裏技的サバイバル方法

夜間にどうしても移動をしなくてはいけない場合
堂々と胸をはり歩くことが大切、この際に、できる限り道路に近いところを
歩かない、その理由は、バイクに乗り近づきものをとることがある。
必ず道路とは逆方向にバックを掛けること

仮に、何かの被害にあった場合は一切の抵抗をせずに
相手の要求を飲む。
仮に、抵抗をして暴力を振るってしまった場合、かなりの確率で仕返しが来る
さらに、現地人と紛争をした場合、外国人は法的に守られる可能性が低い

タクシーに乗った際は、積極的に話掛ける
この際に、現地語を使いながら話をするとベスト!
さらに、助手席に座ることで、何か変な行動をしようとした時にすぐに対処が出来る

 

フィリピン留学中に絶対にしてはいけないこと7つ

フィリピンで留学をする中で絶対にしてはいけないことが幾つかありますので
それをご紹介します。

一般的に、フィリピン人はとても純粋な人が多く、ストレス耐性がない人たちが多い
という傾向があります。
その中で、留学中、学内での講師とのやり取りや、街の中で人と関わることがある際に
コミュニケーションの仕方によっては危険な面を垣間見ることがあります。
純粋で、ストレス耐性がないことから、激情してしまい、そのまま揉め事に…
何てこともありますので以下の7つの点には注意をしてください。

 

7つの注意点フィリピンでは絶対にするのをやめた方がいいこと

1,肌の色、背の高さなど外見を否定してはいけない
2,宗教について否定してはいけない
3,人前で大声で怒ってはいけない
4,他の人と比べてはいけない
5,給与などのことを聞いてはいけない
6,財布の中身を見せてはいけない
7,「日本では〜」のような比較をしてはいけない

このように、治安という数字で見れば、日本と比べると到底安全とはいえない環境ではあります
しかしながら、これは都市部の、貧富の差が生んだ歪みによる「物盗り」が多いのが治安の底上げに大きく関係しています。

根底にある人々の気質としても、純粋でストレス耐性がない。という繊細な一面を
垣間見ることができます。普段はイケイケのホスピタリティー溢れた人たちですが
凹んでしまうと大変です。

このように、感情をとても大切にする国フィリピンだからこそ、しっかりとした
行動と、しっかりとしたコミュニケーションの仕方(尊重)をするという行動を行えば
そんなに危険なことに出会うリスクはありません。

日本でも同じですよね。
危険な場所で危険な行動をすれば、それは何かの犯罪に巻き込まれる可能性がぐっと上がります
一連の流れを総括すると、海外という南国という中で開放的になりすぎてしまった結果
呼び寄せてしまう、リスクというものが大きく存在するので、日本にいるときのように
しっかりと、気をつけながら行動をする。という当たり前のことがとても大切になります。

 

最後にまとめていくと

エリアを選択すれば治安は確保される。フィリピン全域が危ないわけではないということ。

服装や行動の仕方はとても重要で、綺麗な格好、金目のものは極力持ち歩かない、携帯しない
街を歩いている時は、携帯を片手に歩かない、イヤホンをしながら歩かない。

夜間に外出をする場合は、必ずタクシーで移動する。この際に、タクシードライバーと
積極的にコミュニケーションをしようとすること。

挨拶、アイコンタクトをするだけでぐっと犯罪に発展する傾向が下がります。

また、フィリピン人をしっかりと尊重した上で、不要な争いは引き起こさないようにしましょう。

海外とはいえ、日本にいるときのような節度を保った行動をすることが身を守るための秘訣
そして、文化が違うということをしっかりと認識することでこの国で留学生活を快適に過ごす
ことができます。不用意に恐れる必要はありません、しかし節度を持って、無駄に危険なところに近づくそんな勇者のような行動は避けましょう。

 

【フィリピン留学の治安?】ドゥマゲテ(ドゥマゲッティ)の治安をどこよりもわかりやすく事例を踏まえてご紹介!

ドゥマゲッティの街の魅力

関連記事一覧

お困りなことはありませんか?

事務局スタッフと相談する

お急ぎの方は以下へお電話ください

☎︎001-010-63-917-659-4608

現地SPEA直通になります。

受付:平日11:00〜18:00(土日祝日は除く)


留学の基礎知識が知りたい方

PAGE TOP